『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 勘注系図とはどんな系図か
 
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

電子本を出版した

最奥之秘記『勘注系図』が解き明かす古代史最大の謎
『卑弥呼の王宮出土』

 海部氏の二つの系図

 天橋立で知られる京都府宮津市に籠(この)神社という古い神社がある。その宮司家に伝わる系図がある。

『籠名神社祝部氏系圖』(こみょうじんしゃはふりべうじけいず)と『丹波國造海部直等氏本記』(たんばのくにのみやつこあまべあたえとううじほんき)の二つである。
前者を略称『本系図』、後者を『勘注系図』と呼ぶ。何れも国宝に指定されている。

前半は丹波と呼ばれた、この地域の支配者の系譜である。後半は籠(この)神社宮司家の系譜である。

 『本系図』は朝廷の求めに応じて作成された系図で、一族の当主の名前のみを縦に書き連ねる。だが四世孫以降十七世孫までは意図的に記さない。系図としては不十分なものである。
現存するのはその朝廷に提出された系図の副本、あるいは控えであろう。成立は貞観年代(859〜877)で、今日現存する、縦系図の最も古い部類とされる。

 もう一つの『勘注系図』は、一族の歴史を系図として記録した物で、当主の他、兄弟等の名や、系譜上の人物に関わる伝承など、膨大な書き込みがある。情報量は『本系図』などと比べて、とてつもなく膨大である。
しかもその注記として書き込まれた内容は『日本書紀』や『古事記』の伝承と密接に関連するだけに、歴史史料として極めて興味深い。

その成立には、代々にわたって系譜の追加や考証が行われ、『勘注系図』として今日に伝わる系図になったのは、『本系図』より後の仁和年中(885〜889)である。
これを江戸時代の初め、海部勝千代という人が書写した。現存する『勘注系図』はこの書写された物である。
系譜のつながりに問題があり、世代数をそのまま信じられないが、始祖天火明命に始まる、34世代にわたる系図である。34世代といえば800年間を超える可能性がある。
もしこの系図の世代数が事実であれば、系譜が作成された800年代の末から遡って、初代火明命の年代は一世紀代ということもあり得る。

 その系図の末尾には「今ここに最奥の秘記と為し、以って相伝ふ。永世あい承って他見許すべからず」として隠し続けられてきた。
なぜなら系図の内容は、時の権力から、偽りの系図として断罪される危険性を持っていたからである。
そのため朝廷に提出された『本系図』では、四世孫以降十七世孫までを系図から抹消している。
だが『勘注系図』は『本系図』が抹消した部分も詳細に記す、したがって『勘注系図』は、現物の古さの点では『本系図』に及ばないが、歴史史料としての価値は『本系図』にはるかに勝る。
膨大な注記や登場人物名が、『日本書紀』や『古事記』の内容と密接に関係するだけに、日本古代史解明の貴重な史料と成り得ると考える。