『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 『勘注系図』とはどんな系図か
  
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

 同じ伝承を持つ尾張氏系譜

 系譜はそれ単独では、どこまで史実を伝えるか見極める事が難しい。
だが他の系譜との関連や、世代数の比較によってある程度、系譜の信頼性を知ることができる。
その点で『勘注系図』には、それを可能にする極めて面白い系譜がある。『先代旧事本紀』に記された尾張氏系譜である。
『勘注系図』の十三世孫までは『先代旧事本紀』尾張氏系譜とよく似た系譜を伝える。

 二つの系譜は共に初代を天火明命として、前半部分は部分的に同じで、一部は傍系の系譜という不思議な関係にある。
全体としては『先代旧事本紀』の尾張氏系譜の方が明快である。ただし『勘注系図』には、登場人物の事蹟などを記した書き込みも多く、史料としては極めて貴重である。

 二つの系譜が同一の伝承を伝えるのは次のような理由による。
『勘注系図』の前半部分は丹波の支配者の系譜である。そしてこの丹波の支配者は、葛城高尾張に居た、尾張氏なのである。
そのために丹波の支配者の系譜である海部氏の系譜に、尾張氏の人物が当主として登場する。しかも海部氏と尾張氏とが分離した後も、三〜四世代にわたって尾張氏の系譜が丹波の系譜の中に混在する。

 『勘注系図』が尾張氏と分離して、丹波固有の系譜となるのは、十四世孫川上眞稚命からである。したがって十三世孫まで、『先代旧事本紀』の尾張氏系譜と共通する部分があり、詳細な比較検討が可能である。
また『勘注系図』には、尾張氏が分離した後の尾張氏の系譜が一部混在する。その為に『勘注系図』の世代数や続き具合に混乱を来たしている。

 尾張氏系譜は奈良県の葛城高尾張(かつらぎたかおわり)に始まり、後に愛知県に移った一族の系譜である。
十一世孫小登與命(おとよのみこと。小止與、乎止與命などとも表記される)が現在の愛知県に移り、後の尾張氏となる。名古屋市緑区大高町火上山の氷上姉子(ひかみあねご)神社には小登與命の館跡とされる場所がある。
したがって『先代旧事本紀』の尾張氏系譜は、十一世孫乎止與命に続く尾張国造の系譜である。

 下の図は『勘注系図』と『先代旧事本紀』尾張氏系図の、最初の部分を比較したものである。
黒字の部分が両者共通する部分で、灰色の部分はそれぞれの独自内容である。