『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 『勘注系図』とはどんな系図か
  
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

 海部氏と尾張氏の関係

 尾張氏と丹波の関係をもう少し詳しく見てみよう。
『勘注系図』という海部(あまべ)氏の系譜と、『先代旧事本紀』尾張氏系譜は始祖を火明(ほあかり)命として、天香語山(あまのかごやま)命、天村雲(あまのむらくも)命までは同じである。
そして天村雲命以降の三世代は、明らかに異なる、それぞれ傍系の系譜である。ところが建田背(たけだせ)命以降、二つの系譜の両方に、同じ人物が登場する。再び同じ系譜がしばらく続くのである。

 この二つの系譜は部分的には、傍系の系譜で、部分的には同じ系譜という、不思議な関係にある。
私にとって永い間、疑問に感じながらも、解けなかった謎であった。
ようやくその意味を理解した。

 丹波は尾張氏の支配地なのである。したがって最初、尾張氏の傍流である倭宿禰(やまとのすくね)が丹波の当主となる。
そして丹波の当主はその子供、笠水彦(うけみずひこ)、笠津彦(うけつひこ)と続く。更に丹波の当主はふたたび、尾張氏本家とも云うべき建田背命となる。
建田背命以降、尾張氏の当主が丹波の当主を兼ねるのである。そのため六世孫建田背命、七世孫建諸隅(たけもろずみ)命、八世孫倭得玉彦(やまとえたまひこ)命は、尾張氏と海部氏の両方の系譜に登場する。
そのように理解する事によって『勘注系図』という丹波直の系譜と、尾張氏の系譜が同じ系譜を伝える理由が理解できた。

 『先代旧事本紀』尾張氏系譜は、建田背命を、もちろん尾張氏の人物とするが、その一方で海部直(あまべのあたい)丹波国造(たんばのくにのみやつこ)但馬国造(たじまのくにのみやつこ)等の祖ともするのである。
また『熱田太神宮縁起』が「海部は尾張の別姓」とするのは、この頃の海部は、尾張氏でもあったということである。