『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 『勘注系図』とはどんな系図か
  
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

 系図成立の経緯

 『勘注系図』の最後の所に、次のような、系図成立の経緯が記されている。

『一本云、本記序曰、丹波國造海部直等氏之本記者、元號曰丹波國造本記、豐御食炊屋姫天皇御宇、國造海部直止羅宿禰等所撰也(伝伝)、歴三世至于養老五年、國造海部直千嶋祝並弟千足・千成等、更修撰之、(一云、于時養老六年壬戌秋八月伝伝)、號曰籠宮祝部氏之本記(伝伝)、至于貞觀年中、海部直田雄祝等奉勅、撰進本系、號曰籠名神社祝部氏系圖(伝伝)此系圖者、雖所因循養老本記、而新録奏數代之歴名、不載神代之記並上祖之歴名、不爲本記之體也(伝伝)、是仁和年中海部直稲雄等、更修録自往古所傳之本記、號曰丹波國造海部直等氏本記(伝伝)、以爲一軸(伝伝)、此序者可爲後序乎(伝伝)

 成立の経緯を要約すると次のようになる。

最初に系譜をまとめたのが止羅宿禰(とらのすくね)で推古朝時代、おそらく610年代であろう。
次にその系譜を基に加筆するのが千嶋兄弟等で、その年次は養老五年 (721)である。
次に田雄が朝廷の要請に従って『本系図』を作成したのが、貞観年代(859〜877)である。この本系図は先の千嶋等が作成した養老本 記に基づき、数代を加筆するが、どうも意図的に神代と古い時代の人物を記載しないという、不自然な物であった。これが今日国宝に指定されている『本系図』 である。
その後更に田雄の子供、稲雄が伝えられてきたこれらの系図や、他の古い記録などを参照して、仁和年中(885〜889)に完成させたのが『勘注系 図』である。
したがって『勘注系図』の最後は、稲雄の子供たちの名 前で終わる。
今日伝わる『勘注系図』は江戸時代のはじめ頃、海部勝千代という人が書写した物である。

 このように成立の経緯を詳細に知り得る系図は多くはない。極めて貴重な資料である。特に止羅宿禰が最初に系図をまとめた年代は極めて興味深い。
『日本書紀』推古天皇二十八(620)年に、次のように記す。
『是歳、皇太子(厩戸皇子)、嶋大臣(蘇我馬子)、共に議りて、天皇記(すめらみことのふみ)及び國記(くにつふみ)、臣連伴造國造(おみむらじとものみやつこくにのみやつこ)、百八十部併せて公民等(おほみたからども)の本記(もとつふみ)を録す』とする。

 止羅宿禰が系譜をまとめたのも推古朝(592〜628)である。おそらく厩戸皇子(うまやどのみこ)等の史書編纂に際し、それぞれの氏族に対し系譜の提出を求めたのである。これに応じて止羅宿禰が作成したと推測できる。
この海部氏の系譜が、まとめられた推古朝とする年代の注記は、系図が作成された経緯を知る、極めて興味深い情報であると共に、『日本書紀』が伝える史書編纂の過程を知る上で、貴重な情報でもある。

 そして次に興味深いのは、現在に残る『本系図』成立の経緯である。
『本系図』は貞観年間(859〜877)に田雄が作成する。『勅(ちょく)を奉(たてまつ)り本系を撰(えらび)進む』とするから、これも朝廷の提出命令 に応じたものである。これは721年に作成された「養老本記」を基として作成されたとする。
ところがこの『本系図』は神代や上祖歴代の名について記載がなく、本記(もとつふみ)としての体裁を成していないとする。
今日残されている『本系図』は始祖を彦火明命として、神代の二世代、天香語山命、天村雲命、を削除したうえでいきなり三世孫倭宿禰とする。
そしてまた倭宿禰以降も削除して、三世孫の後を十八世孫建振熊宿禰とするのである。
注記にあるように、系譜としての体裁を成していないのである。「養老本記」を基とするかぎりこの間の系譜が不明なはずはない。
それなのに、なぜそのような系譜が作成されたかである。

 『勘注系図』の末尾、奥書ともいう場所には次のような記述がある。『今于(ここ)に相傳(あいつたえ)以(もって)最奥之秘記と爲(な)し永世相承(えいせあいうけたまわって)他見許すべからず。』
また次のようにも記す『本記一巻者、海神の胎内に安鎮(やすめしずめ)、以って極秘、永世あい傳ふべく者なり』
本系図には丹後の役所が認めたことを示す、方印が押されている。おそらく朝廷に提出した『本系図』の副本であろう。
この『本系図』は必然的に公になる系図 である。この『本系図』から削除された部分は「他見許すべからず」として隠し続けなければならなかった内容なのである。そこに古代史の謎を解く、大きな鍵が 潜んでいる。これについては別項で詳述する。

 『勘注系図』の出現は、今日流布する多くの邪馬台国論や卑弥呼論を吹き飛ばす、まったく新しい古代史像を提示すると確信する。その可能性を秘めた一級の史料である。まさに国宝とするにふさわしい貴重な系図である。
「他見許すべからず」と、千年以上にわたって非公開にされてきた系図を、公開することに踏み切られた海部家当主と、史料として世に送り出す事に、ご尽力された方々に、高い敬意を表する者である。