『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 『勘注系図』とはどんな系図か
  
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

『記紀』伝承と深く関わる

 『勘注系図』には数多くの歴代の天皇名が記されている。その点で『日本書紀』や『古事記』の伝承と関連する記事のあることが解る。

系図の注記に記される主な天皇名は、次のような物である。左側の名前が系図上の登場人物。右側がその注記に記された天皇名。

三世孫倭宿禰命   神日本磐余彦天皇(初代神武)
四世孫笠水彦命   神渟名川耳天皇(二代綏靖)
六世孫建田勢命   大日本根子彦太瓊天皇(七代孝霊)
七世孫建諸隅命   稚日本根子彦大日日天皇(九代開化)
八世孫日本得魂命 御間城入彦五十瓊殖天皇(十代崇神)
十四世川上眞稚命 稚足彦天皇(一三代成務)
十六世孫大倉岐命 稚足彦天皇(一三代成務)
十八世孫建振熊命 息長足姫(神功皇后)
阿知          穴穂天皇(二〇代安康天皇)


 そしてその一部に、これらの天皇の時代の事蹟などと深く関わる記述が見られる。
たとえば七世孫建諸隅命(たけもろずみのみこと)は開化に仕え、竹野姫(たかのひめ)の屯倉(みやけ)を置いたとする。
『勘注系図』は建諸隅命の別名を由碁理(ゆごり)とする。
したがってこれは『古事記』が、『此天皇(開化) 娶(めとる)旦波之大縣主(たんばのおおあがたぬし) 名、由碁理之女 竹野比賣』とする記事に対応する。

 また八世孫日本得魂命(やまとえたまのみこと)は、崇神の時代日子坐王(ひこいますのきみ)にしたがって陸耳御笠(くがみみのみかさ)を伐(うった)たとする。
これは『古事記』が『日子坐王者を旦波国(たんばのくに)に遣わし玖賀耳之御笠(くがみみのみかさ)を殺すを命ず』に対応する。

 そして稚足彦天皇(成務)が諸国に長(おさ)をたてることを命じ、この時川上眞稚命は楯(たて)と鉾(ほこ)を賜って、大県主(おおあがたぬし)となったとする。
これは『日本書紀』が成務の時代『諸国に令して、国、郡(こおり)に造(みやつこ)長(おさ)を立て、県(あがた)、邑(むら)に稲置(いなおき)を置いた。ともに楯と矛をさずけて表(しるし)とした』と一致する。

 また『勘注系図』は建振熊宿禰(たけふるくまのすくね)が、息長足姫(おきながたらしひめ・神功)皇后新羅の国征伐の時、丹波、但馬、若狭の海人三百人をを率いて水主となって仕えたてまっつたとする。

『日本書紀』には神功皇后の新羅侵攻の物語が語られる。その後大和へ帰ろううとする神功たちと、仲哀の遺児である忍熊王との戦いになる。この時、神功側の将として活躍したのが和邇臣(わにおみ)の祖、建振熊である。

 さらに『勘注系図』は『穴穂天皇(安康)の御宇(みよ)、市邊(いちのべ)王子等、億計(おけ)王と弘計(をけ)王當国に来る之時、この命等、安宮を造 り潜(ひそ)む、以って奉仕、しかる后(のち)与佐郡眞鈴宮(よさのこうりますずのみや)に移し奉るなり。』とする。

『記紀』によると、雄略は即位する前、ライバルを次々に抹殺する。
履中(りちゅう)の皇子、市辺押歯王(いちのべおしはのきみ)を近江の狩場に誘い、射殺してしまう。危険を感じた、市辺押歯王の児、億計(おけ)、弘 計(をけ)の兄弟は大和を逃げ出し、丹波国余社郡(たんばのくによさのこり)を経て、播磨国の志自牟(しじむ)の家に身を寄せたとされる。
この二人の逃亡を助けたのが海部氏の阿智(あち)である。これが「安宮を造り潜(ひそ)む、以って奉仕」とする注記の背景である。

 他にも雄略の時代、豊受大神を伊勢度会(わたらい)山田原に遷し祭った伝承や、五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)が、宝剣を作って石上神宮に献じたなど、『記紀』伝承と関係すると思われる伝承を数多く記す。

このように『勘注系図』の注記は『記紀』と密接に関わる。その点で極めて興味深い文献資料である。