『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 『勘注系図』とはどんな系図か
  
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

 『記紀』に登場する女性

 『勘注系図』には膨大な人名が記される。その中に『日本書紀』などが伝える天皇系譜と密接に関わる人物名を見る。中で私が特に注目する女性がある。

 その第一は、七代孝霊天皇の妃となった、意富夜麻登玖邇阿禮比賣命(おおやまとくにあれひめのみこと)である。意富夜麻登玖邇阿禮比賣命は亦の名を倭国 香媛(やまとのくにかひめ)といい、今日邪馬台国畿内説の多くの論者が、卑弥呼ではないかとする倭迹迹日百襲姫の母親である。

この意富夜麻登玖邇阿禮比賣命という女性が、『勘注系図』にも登場する。七世孫建諸隅の妹である。表記は大倭久邇阿禮姫命である。

 『記紀』伝承では、倭国香媛または意富夜麻登玖邇阿禮比賣命は、亦の名を蝿伊呂泥(はえいろね)とする。蝿伊呂泥は三代安寧天皇の曾孫に当たる人物で、海部氏や尾張氏とは関係ない人物である。
しかし『勘注系図』には九世孫日女命の別名として倭迹迹日百襲姫という名前も見る。倭迹迹日百襲姫やその母親大倭久邇阿禮姫命が尾張氏あるいは海部氏と何らかの関係があると考える。

 二人目は竹野姫命という女性である。
開化の妃になった竹野媛という女性がある。『日本書紀』では丹波の竹野媛とするだけであるが、『古事記』ではその父親を丹波の大県主由碁理(おおあがたぬしゆごり)とする。
『勘注系図』ではこの由碁理を七世孫建諸隅とする。その子供に天豊姫命という女性がある。亦の名を竹野姫命とも云う。すなわちこの女性が九代開化の妃になった竹野媛なのである。

 三人目は豊鋤入姫命である。
崇神の妃になった女性がある。『日本書紀』では、一書に云うという別伝であるが、大海宿禰の娘、八坂振天某辺(やさかふるあまいろへ)という女性がある。こ の女性と崇神の間に生まれた子供が、豊鍬入姫命(とよすきいりひめ)で、天照大御神を祭る斎宮(さいぐう)となる。
この二人の女性が『勘注系図』にも登場する。前者は八坂振天伊呂邊、後者は豊鋤入姫命と表記される。
『勘注系図』では崇神の時代、この豊鋤入姫が、天照大神を戴(いただ)き大和国、笠縫(かさぬい)の里から、丹波の余社郡(よさのこおり)久志比之眞名井 原匏宮(くしひのまないはらよさのみや)に移ってきて天照大神と豊受大神(とようけおおかみ)を同殿に祀ったとする。そしてまた大和国伊豆加志本宮(やま とのくにいずかしもとみや)に遷ったとする。
これは天照大神が伊勢に祭られる前に、各地を渡り歩いたという伝承につながる。

 四人目は日葉酢姫命である。
崇神の時代、各地に派遣された四人の将軍がある。四道将軍と呼ばれる人達である。
丹波に派遣されたのが、丹波道主王(たんばみちぬしのきみ)である。
この丹波道主と川上麻須(かわかみます)の娘、川上麻須郎女(かわかみますろめ)との間に生まれた子供が、日葉酢媛(ひはすひめ)である。
後に十一代垂仁天皇の妃となって十二代景行天皇を生んだとされる。この日葉酢媛や丹波道主の名前を『勘注系図』にも見る。

 そして最後が宮酢姫命(みやずひめのみこと)である。
『日本書紀』では宮簀媛(みやずひめ)古事記では『美夜受比賣』と表記される。
十二代景行天皇の皇子で、熊襲をはじめ東国平定に活躍したとされる日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃となった女性である。
宮簀媛の父親は乎止余命と云われる人である。乎止余命が、現在の愛知県に移り、後の尾張氏となる。宮簀媛はその子供である。

 このように『勘注系図』には『日本書紀』や『古事記』に、その名を見る女性が数多く登場する。しかもそれらの女性は天皇やその皇子と深く関わる。
またこのあたりは『本系図』が、意図的に削除する部分でもある。
これが史実であるとしても、天皇家との関係を作為した偽系図として、非難される可能性がある。それが『勘注系図』を「他見許さず」として、隠し続けなければならなかった理由の一つと考える。