『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 雄略の時代
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

1 『勘注系図』とはどんな系図か
  
  1 はじめに
  1-1 海部氏の二つの系図
  1-2 同じ伝承を持つ尾張氏系譜
  1-3 海部氏と尾張氏の関係
  1-4 系図成立の経緯
  1-5 『勘注系図』の問題点
  1-6 『記紀』伝承と深く関わる
  1-7 『記紀』に登場する女性
  1-8 架空の系譜として創作不可能

 架空の系譜として創作不可能

 『勘注系図』と『記紀』との関係を見た。
中には『勘注系図』は、『記紀』を参照して創作した架空の系譜という人がいるかもしれない。
だが『勘注系図』が『記紀』伝承から派生した物でない事を述べる。

 
下に示した図は婚姻関係による、古代氏族同士のつながりを示す。(二重線が婚姻関係を示す)
このような複雑な図を見せられても、すぐに理解できるものではないが、ここに挙げた系譜は、婚姻関係で、すべてがつながっていることを理解していただきたい。
小説の登場人物のように、作者が一元的に創作するなら、どのような複雑な関係も創作可能である。
しかし独自伝承にもとづく系譜同士で、世代位地に整合性を持たせて、他家の系譜と関連する架空の系譜を創作することは不可能である。

 系譜は代々に渡って書き加えられ、長い間伝えられた伝承である。伝承の過程で起きる、間違いも少なくはない。また意図的に出自を偽った系譜も存在する。
だがこうして系譜を並べ、系譜同士の関係を追ってゆくと、これらの系譜を架空の系譜として創作することは、不可能であることが理解できる。

 一例を挙げると『勘注系図』は尾張氏系譜と密接な関係に有る。その尾張氏系譜によれば、建田勢命の母親は紀伊氏の智名曾(ちなそ)の妹、中名草姫(なかなくさひめ)である。
またその智名曾の娘は、大伴氏の角日(つのひ)の妻である。
更にこの紀伊氏の名草姫という女性が三輪氏の豊御気主(とよみけぬし)の妻で、その子供は大御気主(おおみけぬし)で、その妻、民機姫(たみきひめ・あるいは民磯姫)は倭氏(やまとし)の女性である。
また建田勢命の子供建諸隅命の妻は葛城氏の諸見己姫(もろみこひめ)である。尾張氏は葛城氏と婚姻関係を通じて深い関係にある。
そしてこの建諸隅命の娘、竹野姫が開化の妃でもある。

 このように古代有力豪族の間には婚姻を通じた密接な関係がある。
この関係を架空の系譜として創作するには、関連する氏族についての完璧な知識が無ければ不可能である。その点から創作された系譜、すなわち偽系図ではないと考える。