『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

10系譜は史実か

10-1婚姻を通じて結びつく古代有力氏族
10-2和邇氏系譜に登場する宇那比姫
10-3世代数の比較
10-4葬られた場所の記述

 婚姻を通じて結びつく古代有力氏族

古代有力氏族の間には、わずかではあるが婚姻関係を通じて、系譜同士のつながりがある。
そのつながりをたどると、世代位置に整合性を持った系譜関連図が描ける。
このような関係性を持った系譜を架空の系譜として創作することは不可能である。

一例を挙げる。
私が卑弥呼とする宇那比姫の母親は、紀伊国造知名曾の妹中名草姫である。
そして知名曾の娘乎束姫は大伴氏の角日の妻である。
また系譜上でどのような位置にあるか定かではないが、同じく紀伊の名草姫という女性が三輪氏の豊御気主の妻である。豊御気主と名草姫の子供、大御気主の妻は倭氏の民磯姫である。

そしてこの紀伊氏系譜の、遠津年魚眼眼妙姫(とおつあゆまくわしひめ)が崇神の妃になり天皇系譜とも結びつく。更にこの崇神の父親である開化の妃の一人が、物部氏の伊香色謎で物部氏系譜ともつながる。

このように有力豪族同士の系譜が婚姻関係でつながるのである。これらの関係を架空の系譜で構築することは不可能である。
もちろん系譜には長い間の伝承過程で起きる誤りも存在するが、一定の史実に基づく伝承とせざるを得ない。