『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

12系図概要

12-1彦天火明から尻綱根
12-2意富那比から都比
12-3都比から稲雄

 系図概要 天火明命から尻綱根 

 上段は『勘注系図』の概要である。下段は比較のために『先代旧事本紀』巻五の尾張氏系譜を対応させて掲載する。
三世孫、四世孫、五世孫が傍系の系譜となる以外、十三世孫までは基本的に同じ系譜である。
十四世孫以降は異なる系譜となる。