『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

13注記抜書き

13-1彦天火明から高倉下
13-2倭宿禰命から日本得魂命
13-3川上眞稚から阿知
13-4奧書に相当

 天火明から高倉下

『勘注系図』注記、抜書き 
出典:神道大系編纂会、編集発行 神道大系 古典編 十三

@始祖彦火明命
亦名天火明命亦名天照國照彦火明命亦名天明火明命亦名天照御魂命此神正哉吾勝勝也速日天押穂耳尊第三之御子、母高皇産靈神女栲幡千々姫命也、彦火明命坐於高天原之時、娶大己貴神女天道日女命、生天香語山命、天道日女命者、亦名屋乎止女命、(大己貴神娶多岐津姫命亦名神屋多底姫命生屋乎止女命亦名高光日女命)、上天到于御祖許、然后降座于當國之伊去奈子嶽矣、(丹後國者、本與丹波國合爲一國、于時日本根子天津御代豊國成姫天皇御宇、詔割丹波國五郡、置丹後國也、所以丹 波者、往昔豊宇氣大神天降于當國之伊去奈子嶽坐之時、天道日女命等、請於大神五穀及桑蠶等之種矣、便於其嶽、堀眞名井、灌其水、以定水田陸田、而悉植焉、 則大神見之大歓喜、詔阿那邇恵志面植彌之与田庭、然后復大神者、登于高天原焉、故云田庭也、丹波本字田庭、訓多爾波、在當國風土記、)爾火明命娶佐手依姫命、生穂屋姫命佐手依姫命者、亦名市杵嶋姫命、亦名息津嶋姫命、亦名日子郎女神也、天香語山命娶穂屋姫命、生天村雲命、然后、天祖乃二璽神寶(息津鏡及邊津鏡是也、副賜天鹿兒弓天羽〃矢)、授于火明命、而詔汝宣降坐于葦原中國之丹波國、奉齋此神寶、而速修造國土矣、故爾火明命受之、降坐于丹波國之凡海息津嶋、(所以其凡海者、古老伝曰、往昔治天下、當大穴持神与少彦名神、到坐于此地之時、引集海中之大嶋小嶋、小嶋凡拾以成壹之大嶋、故名云凡海矣、在當國風土記、)爾火明命、然后遷坐於由良之水門之時、乃其神寳分授(邊津鏡是也、)于 香語山命、詔汝宣奉齋此神寳、而速修造國土矣、彦火明命、亦名饒速日命、亦名神饒速日命、亦名天照國照彦天火明櫛玉饒速日命、亦名膽杵磯丹杵穂命、統八州 也、已而速日命則乗天磐船、登於虚空、降坐於凡河内國、然后遷坐於大和國鳥見白辻山、而遂娶登美屋彦之妹登美屋姫、而生可美眞手命、於是乃其弓矢及神衣帶 手貫等授之、於其妃而復天翔、遷坐于丹波國、而留坐于凡海息津嶋矣、于時大寳元辛丑年三月己亥當國地震、三月不己、此嶋一夜蒼茫変而成海、(漸纔嶋中之高山二峯與立、神岩出海上今號常世嶋、亦俗称男嶋女嶋、毎嶋有神祠、所祭者、彦火明命與日子郎女神也、在當國風土記、)故爾彦火明神與佐手依姫、共養老三己未年三月廿二日于籠宮天降給矣、(凡 海息津嶋瀬坐日子社、祭神彦火明命、凡海坐息津嶋社、祭神佐手依姫命)(正哉吾勝勝也速日天押穂耳尊娶栲幡千々姫命、而生天津彦火々瓊々杵尊、次生天之杵 火々置瀬命、次生彦火明命、次生彦火耳命、或云、正哉吾勝勝速日天押穂耳尊、娶萬幡豊秋津姫命、而生天火耳命、次生天杵火々置瀬命、次生天照國照彦火明 命、次生天饒石国饒石天津彦火瓊々杵尊、凡四柱、栲幡千々姫命、亦名天萬栲幡千幡姫命、亦名萬幡豊秋津姫命、高皇産霊尊、或云、高木神女也、)

A兒天香語山命
亦名手栗彦命、亦名高志神彦火明命、於天上生神也、母天道姫命、亦名屋乎止女命、亦名高光日女命、亦名祖母命也、爾天香語山命與天村雲命従父火明命、天降 坐于丹波國之凡海嶋、而欲以神議修造國土、率百八十軍神、而到于当國之伊去奈子嶽之時、逢母道日女命、因問天降于此地其由、母答曰、欲造坐此國土、雖然此 國豐受大神之所在國也、故不齋奉大神、則難成成國也、故以神議定齋清地、而與汝懇奉齋此大神、則成國、故祖命乃其弓矢授于香語山命、而曰、此則是大神之意 者、汝宣發之、而随其(ママ)清地行矣、故香語山命取其弓矢發之、則其矢致于当國加佐郡矢原山而留、即時生根枝葉青々、故名其地云矢原、(矢原訓屋布)爾香語山命致南東、則有荒水、故于其地建神籬以遷祭大神、而始定懇田、(当巽方三里計、湧出霊泉、故天村雲命灌其泉、稱眞名井原之荒水、以和其水、故亦稱名井、)於 是春秋耕田施稲種、恩頼遍于四方、則人民豐故、名其地云田造也、爾香語山命、然后率百八十軍神退之、而到于由良之水門之時、逢父火明命、有詔命欲奉齋其神 寶、以速修造國土、覓其地行、而遂到于当國余社郡久志備之濱之時、逢御祖多岐津姫命、因問居于此地其由、祖命答曰、斯地者、國生大神伊射奈岐命、自天降坐 之地也、甚清地也、故参降而待汝来矣、於是香語山命、知地速連天、通於天眞名井水、乃起天津磐境、始其神寶奉齋而于其地遷、祭豐受大神(分霊齋奉於矢原山)於是則成國矣、其時于此地湧出鹿泉、爾天村雲命、汲天眞名井之水、而潅此泉和其水、以爲神饌之料、故名此泉云久志備之眞名井也、今世謂此沼之眞名井者訛矣、(眞名井、亦云宇介井、)此時於磐境傍、生天吉葛、天香語山命採其匏、汲眞名井之清泉、乃調度神饌、而嚴祭奠、故曰匏宮(匏訓與佐、)亦久志濱宮也(此郡所以匏者也在風土記)爾香語山命、然后遷坐於木國熊野、而娶大屋津比賣命、生高倉下矣、道日女命者、與多岐津姫命留于此地、而齋仕豐受大神焉

B妹穂屋姫命
母佐手依姫命亦名市杵嶋姫命

C弟可美眞手命
母登美屋姫命

D孫天村雲命
亦名天五十楯天香語山命、於天上生神也、
母穂屋姫命也、以天眞井之水、天降于
日向國竟(境)、后遷坐于丹波國、灌其水
於久志比之眞名井(丹波國眞名井三處、久志比・矢原・伊去奈子是也)
乃和其水、以炊供奉豐受大神之神饌矣、
此命坐日向國之時、娶阿俾良依姫
命、生天忍人命、次生天忍男命、次生天忍日
女命、而遷坐於丹波國之時、娶伊加里
姫命、生倭宿禰命、亦名天御蔭命、次生
葛木出石姫命、亦名角屋姫命也

E弟熊野高倉下
母大屋津比賣命

上記以外、小さな文字で多くの人名等の書き込みがあるが、主な書き込みのみ抜粋。
あくまで私の論述のため必要部分のみ引用する。
フォントが無い文字は、一部当用漢字を用いる。(例) 神、祝、祇などはネ編ではなく示編。
【 】内は曲学の徒による、注記。
番号は注記に付した連番