『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

13注記抜書き

13-1彦天火明から高倉下
13-2倭宿禰命から日本得魂命
13-3川上眞稚から阿知
13-4奧書に相当

 倭宿禰命から日本得魂命


F倭宿禰命(三世孫)
亦名御蔭命、亦名天御蔭志楽
別命、母伊加里姫命也、神日本磐余
彦天皇【神武】御宇參赴、而獻從祖神傳
來天津瑞神寶(息津鏡・邊津鏡是也)以奉仕
(彌加宜社、祭神天御蔭命、丹波道主王之祭給所也)此命遷
坐於大和國之時、娶白雲別神女豐水
富命、生笠水彦命、(笠水訓宇介美都、)

G葛木出石姫命(妹)
亦名角屋姫命、母伊加里姫命

H笠水彦命(四世孫)
母豐水富命、亦名井比鹿也
神渟名川天皇【綏靖】御宇、以
天御蔭之鏡爲神寶、以奉
仕矣、此命娶笠水女命、
亦名與志美別、生笠津
彦命矣、(笠訓宇介、)
御蔭之神事、今俗稱葵神事

I笠津彦命(五世孫)
母笠水女命也
此命娶笠津姫
命、生建田勢
命矣

J建田勢命(六世孫)
笠津彦命之子 一本云、小登與命
一云建登米之子 亦名大諸過命云云
亦名高天彦命 亦名大宇那比命
母笠津姫命也、大日本根子彦太瓊【孝霊】
天皇御宇、於丹波國丹波郷、爲宰
以奉仕、然后移坐于山背國久世
郡水主村、故亦云山背直等祖也、
后更復移坐于大和國、而娶葛木
高田姫命、生建諸隅命(一云、次生和多津見命)矣、

K建諸隅命(七世孫)
亦云、建日潟命 亦名彦由麻須命
亦云 建日方命 一云、丹波縣主由
碁理命 母葛木高田姫也、
稚日本根子彦大日日天皇【開化】御宇
於丹波國割丹波郡與余社郡、
被置竹野姫之屯倉、于時此
命奉仕、故亦名曰、竹野別后
爲郡名矣、此命娶大諸見足
尼女諸見己姫、生日本得魂命、
次生 大倭姫命(一云、次生依網吾彦男垂見宿禰)矣、


L日本得魂命(八世孫)
亦名川上眞若命 母諸見己姫也、御間城入彦五十瓊殖天皇【崇神】
御宇壬戌年春三月、豐鋤入姫命戴天照大神、從大和國笠
縫里、移坐于丹波國余社郡久志比之眞名井原匏宮、奉齋
天照大神與豐受大神於同殿、而此命等奉仕(同丙寅年秋七月復遷坐
于大和國伊豆加志本宮)
、此時以地口之御田奉、更建校倉、藏其穀實
也、故名曰阿勢久良奠、其倉以稱御田口之祠矣、同天皇
御宇、當國青葉山中有土蜘、陸耳御笠者、而其状賊人
民、故日子坐王奉勅來而伐之、于時此命等奉仕、到于余
社之大山、遂誅之矣、大初瀬幼武天皇【雄略】御宇戌午年秋
七月、匏宮遷坐于伊勢國度會郡山田原矣
御間城入彦五十瓊殖天皇【崇神】御宇拜祭大神宮、亦名倭迹迹日女千〃姫


上記以外、小さな文字で多くの人名等の書き込みがあるが、主な書き込みのみ抜粋。
あくまで私の論述のため必要部分のみ引用する。
フォントが無い文字は、一部当用漢字を用いる。(例) 神、祝、祇などはネ編ではなく示編。
【 】内は曲学の徒による、注記。
番号は注記に付した連番