『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

15私の卑弥呼論

15-1『魏志倭人伝』の登場人物が判明
15-2 宇那比姫が登場する和邇氏系譜
15-3 秋津島宮が卑弥呼の王宮
15-4 実在する径百余歩の円墳
15-5 ここは古墳
15-6 尾根全体が古墳
15-7 出土土器から推定する築造年代
15-8 古代史解明に役立つ系譜伝承

【卑弥呼系図】

 『魏志倭人伝』の登場人物が判明

私は『勘注系図』に登場する六世孫宇那比姫を卑弥呼とした。
『六世孫宇那比姫が卑弥呼』

それにより『魏志倭人伝』に登場する人物の多くが判明する。
『魏志倭人伝』が伝える年13才で、卑弥呼の後に邪馬台国の女王に擁立された台与とは建諸隅命、すなわち由碁理の娘,、天豊姫であることを明らかにした。
『八世孫天豊姫は台与(とよ)』

天豊姫は宇那比姫と同族の女性であり、『魏志倭人伝』が伝える「宗女」であることは間違いない。

また景初二年難升米と共に魏に使いした都市牛利とは由碁理であり、難升米は中臣氏の梨迹臣(なしとみ)であることが解る。更に正始四年に遣使となった伊聲耆(いぜり)は梨迹臣の弟伊世理(いぜり)であるとする。
他にも宇那比姫を卑弥呼とすることによって、邪馬台国の四人の官もほぼ明らかになる。
筆頭高官、伊支馬(いしま)を、倭氏の邇支倍(にしば)とする。また二番目の官、彌馬升の「升」は「宿禰」で、物部氏の三見宿禰。四番目の官、彌馬獲支を「みまくち」と読んで、物部氏の水口(みなくち)すなわち大水口宿禰とする。

私は単に音の類似で『魏志倭人伝』の登場人物と、系譜上の人物を結びつけたわけではない。それは、次のような手法による。

古代有力豪族の系譜で、神武時代とする人物がほぼ明らかになる。神武世代を基準に系譜を並べると、上記の人物は、何れも、宇那比姫すなわち卑弥呼と同時代か一世代後くらいに位置する。
このような、世代位置の妥当性と、音の類似、更にはその氏族の性格を考慮することにより、『魏志倭人伝』の登場人物を推定したのである。