『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

2 神代から五世孫
(一世紀から二世紀)

2-1 始祖彦火明と饒速日は別人
2-2 天香語山、高倉下、可美眞手
2-3 丹波系譜の祖、三世孫倭宿禰
2-4 尾張氏系譜と異なる三世孫から五世孫

 始祖彦火明と饒速日は別人

 『勘注系図』は始祖を彦火明命とする。
『先代旧事本紀』尾張氏系譜と同じである。彦火明命、児天香語山命、孫天村雲命と続く系譜も同じである。

 問題は彦火明命を櫛玉饒速日命(くしたまにぎはやひのみこと)とすることである。
物部氏系図でも彦火明命と櫛玉饒速日命を同一人物とする。もし同一人物であれば、櫛玉饒速日命を始祖とする、物部氏と同祖となる。
しかし私は、尾張氏や海部氏の始祖彦火明命と、物部氏の天火明命は別人と考える。ただし古くは同族であろう。

 理由は物部氏の宇摩志麻治(うましまじ・可美眞手)は神武時代の人である。同じく『勘注系図』が三世孫とする、倭宿禰(やまとのすくね)も神武時代の人である。
海部氏の始祖彦火明は倭宿禰の三世代前である。
これに対し、物部氏の祖、天火明命、亦の名饒速日は宇摩志麻治の一世代前である。同一人物とするには無理がある。

 したがって私は次のように推測する。
火明という名前は、『日本書紀』などでは天忍穂耳尊(あめのおしほみみ)の子、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の兄と、瓊瓊杵尊の子の、二箇所に出てくる。
したがって瓊瓊杵尊の兄が海部氏の祖、彦火明命。瓊瓊杵尊の子、火明命が物部氏の祖。すなわち饒速日ではないかと推測する。図にすれば次のような系図である。



 この天火明命の時代を正確に確定はできないが、籠神社に火明命が持ってきたとされる、息津鏡(おきつかがみ)、邊津鏡(へつかがみ)が伝わる。
息津鏡は後漢時代の初め、おおよそ一世紀の中ごろの鏡とされる。邊津鏡はより古い、前漢時代の鏡である。もし天火明命が持ってきた鏡という伝承が史実なら、この火明命の時代は一世紀の半ばを、大幅にはさかのぼらない。
天火明命はおおよそ一世紀中頃の人であろうか。