『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

4 開化や台与の時代
(三世紀中頃から後半)
4-1 七世孫建諸隅は丹波大縣主由碁理
4-2 八世孫天豊姫は台与(とよ)
4-3 由碁理は都市牛利
4-4 建諸隅の妹、大海姫命

 七世孫建諸隅は丹波大縣主由碁理

 七世孫に建諸隅命(たけもろずみのみこと)と云う人物が記される。その注記は次のようなに記す。
『 亦云、建日潟命 亦名彦由麻須命亦云 建日方命 一云、丹波縣主由碁理命 母葛木高田姫也』

 ここで最も注目するのは建諸隅命の亦の名を、『丹波縣主由碁理命(たんばあがたぬしゆごりのみこと)』とすることである。
丹波縣主由碁理命という人物が『古事記』に登場する。
九代開化天皇の妃になった女性がある。竹野媛(たかのひめ)とよばる女性である。『古事記』によれば、竹野比賣を旦波の大縣主、名由碁理の女(むすめ)とする。

 『勘注系図』はこの竹野媛の父親、由碁理を建諸隅命とするのである。
開化の妃になった竹野姫が、丹波の大縣主由碁理の娘であるということは、『古事記』が伝えるところである。
だとすれば丹波の支配者の系譜に、由碁理が登場したとしても不思議はない。
またこの建諸隅命は開化に仕えたとするから、開化時代の人である。

 『勘注系図』の注記は開化の時代に、丹波国の丹波郡(たんばのこおり)と余社郡(よさのこおり)を割いて、竹野姫の屯倉(みやけ)を置い たとする。そして建諸隅命は開化に仕えたとする。
建諸隅のまたの名を竹野別といい、後に竹野が郡(こおり)の名前になったとする。
和名抄に記載される竹野郡(たかのこおり)は、現在の京丹後市網野町、弥栄町、丹後町あたりでその中心は丹後町とされる。ここは由碁理が国府を置いたと言う伝承を持つ。
開化の妃に成った竹野媛(竹野姫)というその名前は、竹野別(たけのわけ)という父親の名に由来するものである。この竹野姫のもとの名は天豊姫である。


より大きな地図で 建諸隅が府を置いた竹野郡 を表示