『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

4 開化や台与の時代
(三世紀中頃から後半)
4-1 七世孫建諸隅は丹波大縣主由碁理
4-2 八世孫天豊姫は台与(とよ)
4-3 由碁理は都市牛利
4-4 建諸隅の妹、大海姫命

 八世孫天豊姫は台与(とよ)

 七世孫建諸隅命について注記は次のように記す。
『此命娶大諸見足尼女諸見己姫、生日本得魂命、次生 大倭姫命(一云、次生依網吾彦男垂見宿禰)矣』
建諸隅命の子は日本得魂命(やまとえたまのみこと)と大倭姫命(おおやまとひめのみこと)とする。建諸隅命は由碁理であるから、大倭姫命とは開化の妃になった竹野媛のことである。そしてこの大倭姫の本来の名は天豊姫命なのである。

 私は大倭姫命とは、大和王権の女王の名であるとした。再びここでも大和王権の女王の名が登場する。
『魏志倭人伝』は、卑弥呼の後に男子の王が立ったが、国中が服さず戦乱に陥ったとする。その後、十三歳の宗女台与(とよ)を王となして、国が定まったとする。

 建諸隅命の娘、大倭姫命の本来の名は天豊姫である。
天(あま)は一族に冠せられる姓とも言うべき部分で、名前は豊(とよ)である。『魏志』倭人伝が伝える台与(とよ)と一致する。そして台与は倭国の女王であり、建諸隅命の娘もまた、大倭姫命という大和王権の女王の名を持つ。
建諸隅は、私が卑弥呼とする宇那比姫の甥である。したがってその子供の天豊姫は、宇那比姫と同族の女性で、まさに宗女でもある。

したがって『魏志倭人伝』の伝える台与は、建諸隅命の娘、天豊姫命であり、開化の妃になった竹野媛でもある。