『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

4 開化や台与の時代
(三世紀中頃から後半)
4-1 七世孫建諸隅は丹波大縣主由碁理
4-2 八世孫天豊姫は台与(とよ)
4-3 由碁理は都市牛利
4-4 建諸隅の妹、大海姫命

 建諸隅の妹、大海姫命

 もう一人この建諸隅命の妹に、注目される人物の名が記される。
小さな字の書き込みであるが、大倭久邇阿禮姫命(おおやまとくにあれひめのみこと)である。一云大海姫命(おおあまひめみこと)ともする。
倭途途日百襲媛(やまとととひひもしひめ)の母親と思われる人物である。『古事記』の意富夜麻登玖邇阿禮比賣命(おおやまとくにあれひめのみこと)と同一人物と考える。
『日本書紀』では倭国香媛(やまとのくにかひめ)とされる人物で、またの名を蠅伊呂泥(はえいろね・はえ某姉)とする。七代孝霊の妃となって倭途途日百襲媛(やまとととひももそひめ)を生んだとされる。

 次の系図は『日本書紀』や『古事記』が伝える、意富夜麻登玖邇阿禮比賣命に至る系譜と、海部氏の系譜に現れると大倭久邇阿禮姫命の比較である。



二つの系譜はまったく異なり、『古事記』や『日本書紀』の記述に従う限り、倭途途日百襲媛の母親、大倭久邇阿禮姫命は尾張氏の人物ではない。しかし『勘注系図』の中には、倭途途日百襲姫命や倭国香媛など一連の関係有りそうな名前を見る。

 また倭途途日百襲媛が尾張氏と関わると思われる伝承がある。
『勘注系図』は、六世孫建田勢命が、丹波から山背(山城)久世郡水主村に移り住んだとする。
京都府城陽市久世に水主神社(みぬしじんじゃ)という神社がある。
水主神社の祭神十座は、彦火明命から始まる、すべて尾張氏(海部氏)の人物である。
そして同じ名前の神社が香川県東かがわ市にある。こちらも名前は水主神社で、祭神は倭途途日百襲姫命である。この神社伝承によれば、倭途途日百襲姫命は七歳の時、戦乱に陥った大和の黒田盧戸(くろだいおと)を出て、八歳の時この地に至り、二十歳頃までこの地で暮らしたとされる。
水主神社という名前の神社は、先の城陽市久世と、ここ東かがわ市水主以外見当たらない。
この二つの神社には深い関係があると推測する。

 一方、蝿伊呂泥に至る系図がある。雅楽などを継承する楽家の系図である。この系図に安寧天皇の孫、和智津彦命の子で、孝霊の妃になった蝿伊呂泥(はえいろど)と蝿伊呂杼(はえいろちょ)という人物が登場する。
『記紀』は蝿伊呂泥と意富夜麻登玖邇阿禮比賣命、あるいは倭国香媛(やまとのくにかひめ)は同一人物とする。
しかし楽家系図に、意富夜麻登玖邇阿禮比賣命という人物や、倭国香媛という名前は出てこない。また『勘注系図』には大倭久邇阿禮姫命と国香姫命の名を見るが、蝿伊呂泥や蝿伊呂杼は無い。私は蝿伊呂泥と意富夜麻登玖邇阿禮比賣命は別人と考えている。

 今日箸墓を卑弥呼の墓とする説は多い。しかし『記紀』が伝える箸墓の被葬者、倭途途日百襲媛は卑弥呼ではない。同族の人であるが卑弥呼の二世代後の人物である。
倭途途日百襲媛は『魏志』倭人伝が伝える台与、すなわち建諸隅(由碁理)の子供、天豊姫命とは従妹(いとこ)にあたる。それは九代開化の妃竹野媛の従妹ということでもある。

 一方『先代旧事本紀』尾張氏系譜では、建諸隅命の妹を、大海姫命とする。この妹の名は『勘注系図』と一致する。しかしこの人を崇神の妃とする。だがこのあたり『先代旧事本紀』尾張氏系譜は、明らかに混乱している。
四世孫世襲足姫(よそたらしひめ)命を、五代孝昭の妃とする。これは『日本書紀』も同様である。そして同じく世襲足姫命の兄瀛津世襲(おきつよそ)命を孝昭時代の人とする。
その一方で七世孫建諸隅命を、五代孝昭の時代の人として、その妹大海姫命を十代崇神の妃とするのである。
このまま解釈すれば、五代孝昭と十代崇神、四世孫と七世孫が共に同じ時代となってしまう。明らかな誤りである。
このような誤りが生まれた一つの理由として、次のような事情がある。海部氏は「あま」とよばれる一族で、大海姫命という名は、その一族の女の総称でもある。『勘注系図』でも大海姫命という名が複数箇所に登場する。
大倭久邇阿禮姫命も大海姫命であり、崇神の妃になった女性も大海姫命なのである。これが混乱の一つの要因である。
この崇神の妃になった大海姫命については、次の日本得魂命(やまとえたまのみこと)のところで触れたい。