『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

5 崇神の時代
(三世紀末頃)
5-1 八世孫日本得魂命
5-2 天照大神を祀る豊鋤入姫
5-3 伊勢神宮外宮の起源伝承
5-4 陸耳御笠と戦った日本得魂命
5-5 系譜の接続を誤る川上眞稚命
5-6 丹波に派遣された丹波道主
5-7 太刀一千口を作った川上眞稚

 八世孫日本得魂命

 八世孫に日本得魂(やまとえたま)命という人物が登場する。『先代旧事本紀』尾張氏系譜では倭得魂彦(やまとえたまひこ)命と表記する。

日本得魂命は建諸隅命すなわち由碁理の子供である。
妹は大倭姫命亦の名を天豊姫命とする。『魏志』倭人伝に記される十三才で倭国の女王に擁立された「台与」である。さらに竹野姫命とも呼ばれ、九代開化の妃に成った人物でもある。

 日本得魂命や竹野姫命の母親は葛城氏の諸見己姫(もろみこひめ)である。
古事記は竹野姫を丹波の大縣主由碁理の娘とする。したがって私は当初、竹野姫命は丹波の生まれと思った。
しかし母親は葛城氏で、出身地は大和葛城である。父親由碁理は丹波の大縣主であるが尾張氏の当主でもある。
丹波に常駐したわけではなさそうである。その意味で竹野姫すなわち台与の生まれも、宇那比姫と同じ葛城高尾張であろう。

 日本得魂命もまた尾張氏の当主であり丹波の支配者である。『勘注系図』によると彦坐王(ひこいますのきみ)に従って、丹波周辺で陸耳御笠(くがみみのみかさ)と戦っている。
丹波にも居たことは推測されるが丹波に常駐したかは不明である。

 『先代旧事本紀』尾張氏系譜によれば、日本得魂命の妻は淡海国(おうみのくに)の谷上刀婢(たなかみとべ)と、伊賀臣(いがのおみ)の先祖の大伊賀彦(おおいがひこ)の娘の大伊賀姫(おおいがひめ)を妻とする。
倭得玉命の妻の一人谷上刀婢は淡海の出である。淡海とは滋賀県琵琶湖の事である。詳しい場所は不明だが海部氏と淡海とは深いつながりが有る。滋賀県野洲市の三上氏が祀る御上神社の祭神は天御影である。『勘注系図』によれば、三世孫倭宿禰の亦の名が天御陰命である。
また二人目の妻と関係するのは三重県伊賀市西高倉の高倉神社である。高倉神社御由緒によると、祭神は高倉下命(たかくらじのみこと)である。高倉下命は神武天皇東征の功神で、その七代の孫、倭得玉彦命が祖神である高倉下命を祀ったとされる。

これらの伝承から大和王権の支配範囲の一端が推測できる