『勘注系図』の研究

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀代から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

6 尾張氏に続く系譜
(四世紀前半)
6-1 九世孫意富那比命
6-2 九世孫日女命
6-3 九世孫玉勝山背根子

6-5 尾張国造十世孫小止與命
6-6 日本武尊に従軍した建稲種命

 九世孫意富那比命

 『勘注系図』はこの九世孫あたりから「一云」「亦云」などとして膨大な数の名前を記す。同時に人物同士の関係を示す線は複雑さを増して、どのような関係に在るのか簡単には理解できない。
さまざまな伝承を参照して系図を作成する過程で、系図作成者自身の混乱や錯誤が見受けられる。
ただしこのあたりは『先代旧事本紀』の尾張氏系譜との比較が可能であり、『勘注系図』を読み解く手がかりになる。また『日本書紀』や『古事記』にも、『勘注系図』の登場人物と関係すると思われる人物が登場する。

 『勘注系図』には九世孫として、乙彦命(おとひこのみこと)、日女命(ひめみこと)、玉勝山背根子命(たまかつやましろねこのみこと)、若津保命(わかつほのみこと)置津世襲命(おきつよそのみこと)、意富那比命(おおなびのみこと)、葛木高千名姫命(かつらぎたかちなひめのみこと)が記される。
『先代旧事本紀』尾張氏系譜にも、弟彦命、日女命、玉勝山代根古命、若都保命、置部與曾命(おきべよそのみこと)が記される。置津世襲命と置部與曾命は「津」と「部」が異なるが同一人物であろう。
『先代旧事本紀』には意富那比命と葛木高千名姫命の名は見当たらないが、代わりに彦與曾命(ひこよそのみこと)の名を見る。どちらも小縫(乎縫)命の父親とするから意富那比命と彦與曾命は同一人物であろう。



 葛木高千名姫命を『先代旧事本紀』には見ないが、『古事記』は葛城之高千那毘賣(かつらぎたかちなひめ)を意富那比命(おうなびのみこと)の妹とする。八代孝元の児、比古布都押之信命(ひこふとおしのまことのみこと)の妃とする。
このあたり正確な事は解りかねるが、比古布都押之信命の妃になった葛木高千名姫と崇神の妃に成った、葛城高名姫命という人物が在ったと考える。

 この日本得魂命の子とされる意冨那比命、乎縫(おぬい)命、小登與(おとよ)命と続く系譜は尾張氏の系譜である。十一世孫小登與命(乎止與)が愛知県に移り後の尾張氏へ続くのである。
丹波の支配者の系譜である『勘注系図』はこの後、尾張氏の系譜を混在させる為に、系譜の続き具合や世代数が混乱する。

 またこの意冨那比命の世代あたりで、丹波は大和王権の直接支配となる。四道将軍の一人丹波道主王が丹波に常駐する。
丹波に道主王の伝承は数多く残るが、尾張氏の当主、意冨那比命に関する伝承は、私の知る限り見当たらない。