『勘注系図』の研究 

1 『勘注系図』とはどんな系図か2 神代から五世孫3 卑弥呼の時代4 開化や台与の時代
5 崇神の時代6 尾張氏に続く系譜7 丹波国造となる時代8 五世紀から九世紀
9 系譜を作成した人たち10 系譜は史実か11 系譜の続き具合12 系図概要
13 注記抜書き14 研究者、文献、その他15 私の卑弥呼論16 おわりに

7 丹波国造となる時代
(四世紀中頃)

7-1 丹波大矢田彦命
7-2 丹波國造となる大倉岐命
7-3 建振熊宿禰という和邇氏の人物
7-4 建振熊は神功朝成立の功労者
7-5 神功皇后の新羅出兵は史実
7-6 新羅鎮守将軍、大矢田宿禰

 丹波大矢田彦命

 十五世孫丹波大矢田彦命という人物が記される。
『勘注系図』は十四世孫とする川上眞稚以降、再び丹波の支配者の系譜に戻る。
しかし尾張に移った後の尾張氏の系譜に接続する為、世代数を大幅に誤る。
川上眞稚は由碁理の子であるから、日本得魂命と同じ八世孫であろう。したがって十五世孫とする丹波大矢田彦命も九世孫となる。丹波大矢田彦命は四世紀初め頃の人であろう。



大矢田彦命の亦の名を川上麻須稚郎子(かわかみますわかのいらつこ)とする。川上麻須稚郎子であれば、川上麻須の子である。
崇神の時代、大和王権は丹波に丹波道主を派遣する。この道主の妻となったのが川上麻須郎女(かわかみますろめ)である。
丹波道主と川上麻須郎女の子が、垂仁の妃となる日葉酢媛(ひばすひめ)で、十二代景行の母親とされる。

 また『丹後舊事記』は河上摩須について「開化・崇神・垂仁の三朝熊野郡川上庄須郎の里に館を造る。丹波道主命は摩須良女を娶る」と記している。
『勘注系図』で丹波大矢田彦命の妹とする、十五世孫川上日女命が丹波道主の妻となった川上麻須郎女と思われる。
ただし川上日女命の横に記される、八小止女や日葉酢姫という名前は丹波道主の子供の名である。このあたり『勘注系図』の伝承も混乱があり、確かな事は解りかねるが、次のような系譜の関係が推測されっる。



また同じ十五世孫として川上石出別(かわかみいずしわけ)として但馬国造の祖とする。

また大変紛らわしいが、和邇氏の建振熊命の子に大矢田宿禰という人物がある。このあたりの書き込みに、丹波大矢田彦と大矢田宿禰の混同がある。