系譜で読み解く、日本古代史
古代豪族系譜が解き明かす、驚きの日本古代史。皆さんを謎解きの面白さにご案内します。
第1章 『魏志倭人伝』に登場する人々

 邪馬台国の4人の官、ナンバー1とナンバー3は、倭国造(やまとのくにのみやつこ)、倭氏である。

関連する私のサイト

この人が卑弥呼

『日本建国史』

『勘注系図』


邪馬台国出現

(1) 邪馬台国の筆頭高官は倭国造(やまとのくにのみやつこ)

 倭氏、系譜の初代椎根津彦(倭宿禰または珍彦ともいう)から数えて四代目に、邇支倍(にしば)という人物が登場する。
この人物は『魏志倭人伝』に邪馬台国の官として登場する、4人の最初に記される、伊支馬(いしば)と考える。
この4人の官は、おそらく序列順に記されているであろうから、伊支馬すなわち邇支倍は筆頭高官であろう。
 倭氏の初代椎根津彦は、神武が大和盆地に侵攻した時、速吸之門(はやすいのと)で神武軍に加わり活躍する。その功績によって倭国造(やまとのくにのみやつこ)になる人物である。

私は海部氏の宇那比姫命を卑弥呼、その二世代後の天豊姫命を台与とする。
この倭氏の邇支倍は、系譜上で卑弥呼とほぼ同時代の人となる。
また邇支倍と伊支馬という音の類似、倭国造という立場から、『魏志倭人伝』が伝える伊支馬という人物は、倭氏の邇支倍で間違いないと考える。
倭国造(やまとのくにのみやつこ)が大和王権の筆頭高官なのである。

そして邪馬台国の3番目の官に、奴佳という人物が登場する。
『魏志倭人伝』の奴佳は、「ぬかて」と読むのではないかと考える。日本語的な表記にすれば「糠手」あるいは「額手」である。

一方、倭氏の邇支倍の子に、飯手という人物がある。
この一族には「何々手」という名前が出現する。たとえば、この人の五代後の蚊手宿禰である。

飯手を「ぬかて」とは読めないが、この手「て」という音の共通性に、飯手が奴佳の可能性を考える。

最近私は次のように考える。この飯手の「飯」の字は、「麥皮」(ぬか)【麥+皮で1文字】の誤写ではないかと考える。
もし「飯」ではなく「麥皮」と記した系譜が存在すれば私の仮説が裏付けられる。

父邇支倍と共に倭国造として、大和王権の高官の地位に在ったと想像する。

(2) 大和王権の高官を歴任した物部氏