この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第1章 この人が卑弥呼

 (1)大倭姫(おおやまとひめ)という大和王権の女王の名
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名
(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 京都府の日本海側に、日本三景の一つと知られる、天の橋立がある。
天の橋立が、あたかも参道のように海中に延びた北の端に、籠(この)神社と呼ばれる古い神社がある。その神社の宮司家である、海部(あまべ)家に古い系図が伝わる。
『籠名神社祝部氏系図』(こみょうじんしやはふりべうじけいず)と呼ばれる略称『本系図』と『丹波國造海部直等之氏系図」(たんばくにのみやつこあまべあたいとうのうじけいず)と呼ばれる、より詳細な『勘注系図』である。いづれも国宝に指定されている。興味深いのは『勘注系図』である。

この『勘注系図』の六世孫に、とてつもない名前を持つ女性が登場する。
その名前を、宇那比姫命(うなびひめのみこと)、天造日女命(あまつくるひめみこと)、大倭姫(おおやまとひめ)、竹野姫(たかのひめ)、大海靈姫命(おおあまのひるめひめのみこと)、日女命(ひめみこと)とする。何れも一人の女性の別名である。

先ず注目されるのは大倭姫(おおやまとひめ)である。
『日本書紀』や『古事記』で、倭(やまと)の名がつくのは、天皇の妃か子供くらいである。中でも大倭(おおやまと)と「大」が付くのは、古い時代の天皇と七代孝霊の妃、意富夜麻登玖邇阿禮比賣(おおやまとくにあれひめ)くらいのものである。

この女性は天皇と同格の、大倭(おおやまと)の名前を持つ。
大倭とは古い時代「大和王権」が支配した国の名である。「大倭」が「大和」となり、後に「日本」となる。大倭姫は大和王権の女王なのである。

『勘注系図』には、下のような書き方で宇那比姫という女性が登場する。

『勘注系図』に登場する卑弥呼



第1章
(2)卑弥呼は日女命