この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第1章 この人が卑弥呼

 (2)卑弥呼は日女命
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 先に大倭姫は大和王権の女王の名であるとした。
さらにこの人は天造日女命(あまつくるひめみこと)という、尊大な名前を持つ。大和朝廷によって地方支配を任された国造(くにのみやつこ)に対比させれば、国造よりもっと大きな権威を持った名前ともとれる。

そしてまた、この人は大海靈姫(おおあまひるめひめ)という巫女(みこ)姫の名を持つ。『魏志倭人伝』は卑弥呼が「鬼道」に長けていたことを伝える。この人もまた靈姫(ひるめひめ)という宗教的色彩を帯びる。

最後は日女命である。読みは『ひめみこと』であろうが異国の人がこの音を『卑弥呼』と書き表しても不思議はない。
日女(ひめ)とは後の「姫」「媛」などと同じ高貴な女性を指す言葉である。この日女に「命」という尊称がついたのが日女命である。

大倭姫、天造日女命、大海靈姫命、日女命とくれば、この人はまさに『魏志倭人伝』が伝える邪馬台国の女王、卑弥呼である。

 更に『勘注系図』には、もう一人、大倭姫命という大和王権の女王が登場する。


第1章
(3)もう一人の大倭姫