この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第1章 この人が卑弥呼

(4)台与は開化の妃になった竹野媛
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 『勘注系図』は建諸隅命(たけもろずみ)を『一云、丹波縣主由碁理命(たんばあがたぬしゆごりのみこと)』とする。
『記紀』伝承によると、丹波大縣主の娘で九代開化の妃になった女性がいる。竹野媛(たかのひめ)とよばれる女性である。
『古事記』は、旦波(たんば)の大縣主(おおあがたぬし)、名由碁理(ゆごり)の女、竹野比賣(たかのひめ)とする。『日本書記』は丹波の竹野媛(たかのひめ)とだけする。

『勘注系図』は建諸隅命を由碁理をとするわけである。「一云」という注記であり、信頼性に不安は残るが、由碁理は丹波大縣主であるから、『勘注系図』という丹波の系譜に登場したとしても不思議はない。

また『勘注系図』の注記は、建諸隅命が開化に仕え、丹波の与謝郡(よさのこおり)を割いて、竹野姫(たかのひめ)の屯倉(みやけ)を置い たとする。
屯倉とは天皇や皇族の直轄領であるから、この竹野姫は開化の妃になった「たかのひめ」と考えて間違いなかろう。この注記からも建諸隅命は由碁理と考えてよい。

建諸隅命の別名を竹野別(たかのわけ)とする。したがって竹野姫という名は、その父親の名に由来する。本来の名は天豊姫である。
また大和王権の女王になったので大倭姫とも称される。したがってこの人は開化の妃であり、『魏志倭人伝』に登場する台与でもある。






第2章
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない