この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第2章 古代豪族系譜

 (1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 いくら日女命(ひめみこと)の音が卑弥呼(ひみこ)に似ており、豊(とよ)が台与(とよ)の音に似ていたとしても、それだけで宇那比姫が卑弥呼で、天豊姫が台与であると結論つけるのは危険である。 
そもそも海部氏の『勘注系図』が、どこまで信用できるのかである。

『先代旧事本紀』という歴史書がある。そこに尾張氏という古代豪族の系譜が記される。海部氏の系譜はこの尾張氏系譜とよく似る。したがってこの尾張氏系譜を中心に、その他の古代氏族系譜、それに『日本書紀』や『古事記』が伝える天皇家の系譜などと比較しながら、その信頼性を確かめてみよう。

『先代旧事本紀』の序文によると、『先代旧事本紀』は聖徳太子と蘇我馬子が著したとする。
ところがその内容に、聖徳太子が活躍した時代以降の事を含む。この事から偽書との疑いが持たれている。
確かに聖徳太子や蘇我馬子が著したとする、その序文には疑問がある。しかしそこに記された、物部氏、尾張氏、三輪氏系譜は、『先代旧事本紀』という書物以外の氏族系譜と、密接に関係する。
成立の事情が異なる系譜同士で、婚姻関係に関連を持せ、世代位置に整合性を持った、架空の系譜を創作することなど出来る訳がない。
伝承の過程で起きる間違いや誤りは有るが、意図的に創作された、偽系譜ではあり得ない。何らかの史実の一端を反映している。
その点から見て『先代旧事本紀』の、氏族系譜やその伝承を創作と決め付ける訳にはいかない。
したがって〈史実ではない〉という意味での偽書とすることは出来ないと考えている。

下に示した図は婚姻関係による、系譜間のつながりを示す。(二重線が婚姻関係を示す)
このような複雑な図を見せられても、すぐに理解できるものではないが、ここに挙げた系譜は、婚姻関係で、すべてがつながっていることを理解していただきたい。




第2章
(2)系譜は創作ではない