この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第2章 古代豪族系譜 

 (2)系譜は創作ではない
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 先に古代氏族系譜は婚姻関係を通じて相互につながっている事を見た。
更に興味ある事実は『日本書紀』と氏族系譜の両方に、同一人物が登場することである。

下の図は『日本書紀』に登場し、氏族系譜上でその存在が確認できる人物を示す。
赤字の人物が『日本書紀』と、それぞれの系譜に、その名前を見る人物で、( )内は系譜側で確認できるその時代の天皇などである。

こんな複雑な図を見せられても興味が失せるだろうが、『日本書紀』と氏族系譜の両方で、このように多くの人物が確認できることを理解していただければ良い。

もしこのような系譜を、架空の系譜として創作するためには、ここに挙げた系譜の全てが、『日本書紀』の伝承を参照して、創作したとでもしない限り、双方に登場させることは不可能である。
したがって氏族系譜は独自伝承にもとづく物であり、何らかの史実を反映していると考える。



第2章
(3)氏族系譜に登場する天皇名