この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第3章  海部氏と尾張氏系譜

  (3)卑弥呼も台与も尾張氏
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 上段が海部氏の『勘注系図』である。下段は『先代旧事本紀』尾張氏系譜である。
『勘注系図』でも本家とも云うべき尾張氏の系譜を部分的に記す。宇那比姫命については、六世孫として系図の端のほうに単独で記す。 『勘注系図』の中では宇那比姫は傍系の人としての扱いである。尾張氏系譜を見てはじめて、宇那比姫が建田背命の妹である事が解る。

最初、私は『勘注系図』に卑弥呼を見た。そのため永い間、卑弥呼は海部氏の人と思っていた。これは大きな間違いであった。
丹波は尾張氏の支配地域で、丹波の当主は尾張氏なのである。したがって『勘注系図』という丹波国造の系譜の中に尾張氏の人物が登場する。
『勘注系図』の六世孫の位置に宇那比姫が登場する。ただし他の人物とどのような関係にあるか不明である。傍系の人という扱いである。
だがややこしのは、建田背命(たけだ せのみこと)、建諸隅命(たけもろずみのみこと)、倭得玉彦命(やまとえたまひこのみこと)である。この人たちは海部氏の当主であり、かつ尾張氏の当主と云う 立場にある。そのため両方の系譜に当主として登場する。
したがって、『勘注系図』で建諸隅の娘とする、天豊姫命すなわち台与も、尾張氏の女である。

それでは卑弥呼はどこの生まれであろうか?それを知る手がかりがある。


『勘注系図』

尾張氏系譜



第3章
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ