この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第3章  海部氏と尾張氏系譜

(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ
第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 尾張氏の多くが葛木氏の女性を妻としている。尾張氏と葛木氏は深い関係にある。尾張氏の本拠地は葛木高尾張と云われる。 高尾張は葛木に在った古い地名の一つとされるが、詳しいその場所については不明である。
奈良県南西部の御所市に葛城山という山がある。奈良県と大阪府の県境に位置する。高尾張はこの葛城山の山麓のどこかである。

下の系図で赤字で示す人物は葛城氏の人物である。尾張氏と密接な関係にある事が読み取れる。
葛城とは奈良盆地南西部の地名である。古くは葛下郡(かつらぎのしものこおり)と葛上郡(かつらぎのかみのこおり)に分かれ、葛城下郡は現在の大和高田市、香芝市、葛城市、北葛城郡王寺町、上牧町あたり。葛上郡は御所市、あたりである。
葛木氏の本拠地が何処か定かではないが、葛城国造と称されたこの氏族の支配地は、奈良盆地西南部の相当広い範囲であろう。





卑弥呼すなわち宇那比姫の父親は、建斗米命(たけとめのみこと)である。
建斗米命と従兄弟の瀛津世襲(おきつよそ)は、葛木彦とも呼ばれる。おそらく葛木高尾張に住んでいたであろう。したがって卑弥呼も葛木高尾張で生まれたと思われる。
『日本書紀』によると、神武の時代高尾張邑から葛城邑に名前が変わったとされる。葛城邑とは現在の御所市である。
また建斗米命の妻は、紀伊国造(きいのくにのみやつこ)智名曾(ちなそ)の妹、中名草姫(なかなくさひめ)である。したがって卑弥呼の母親は、現在の和歌山市出身である。




第4章
(1)邪馬台国の高官伊支馬