この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第4章 『魏志倭人伝』に登場する人たち

(1)邪馬台国の高官伊支馬
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 『魏志倭人伝』は、邪馬台国の官として四人の名前を記す。王権の要職に在った高官であろう。
それらの人物が大和王権を支えた古代有力氏族の中に登場している可能性がある。そのような想定のもとに該当する人物を探す。

該当する人物の条件としては次の条件を満たす必要がある。
魏の使者が邪馬台国を訪れたのは卑弥呼の晩年である。したがって私が卑弥呼とする宇那比姫と同世代か、その1世代くらい後の人物でなければならない。その上で音が類似する人物を拾い上げる。
更には、その人が王権を支える有力氏族の人物かどうかである。

四人の官の最初に登場する伊支馬(いしば)という人物は、倭氏の邇支倍(にしば)であろう。この4人の官は、おそらく序列順に記されているであろうから、伊支馬すなわち邇支倍は筆頭高官であろう。

倭氏の初代椎根津彦は、神武が大和盆地に侵攻した時、速吸之門(はやすいのと)で神武軍に加わり活躍する。その功績によって倭国造(やまとのくにのみやつこ)になる人物である。

倭氏の邇支倍は、系譜上で卑弥呼とほぼ同時代の人となる。
また邇支倍と伊支馬の読みはよく似る。更に邇支倍は、倭国造(やまとのくにのみやつこ)という、王権中心部の国造である。筆頭高官で間違いなかろう。



そして邪馬台国の3番目の官に、奴佳てという人物が登場する。奴佳は、「ぬかて」と読むのではないかと考える。日本語的な表記にすれば「糠手」あるいは「額手」である。
一方、倭氏の邇支倍の子に、飯手という人物がある。この一族には「何々手」という名前が出現する。たとえば、この人の五代後の蚊手宿禰である。
飯手を「ぬかて」とは読めないが、この「て」という音の共通性に、飯手が奴佳の可能性を考える。
父邇支倍と共に倭国造として、大和王権の高官の地位に在ったのではなかろうか。



第4章
(2) 邪馬台国の高官、彌馬獲支