この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第4章 『魏志倭人伝』に登場する人たち

(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 物部氏という古代有力氏族がある。 『先代旧事本紀』物部氏系譜は、物部氏の歴代人物が、大和王権の要職にあったとする。この伝承が正しければ、『魏志倭人伝』に邪馬台国の官として登場している可能性は高い。

邪馬台国の官として四人が登場する。その4番目に、彌馬獲支という名を見る。そのまま読めば、ミマカキ、ミマカチとでもなろう。これに該当するのが、ミナクチすなわち水口で、物部氏の系譜に登場する大水口宿禰であろう。
彌馬獲支をミナクチの音写とするには相当の飛躍があるが、物部氏は初期の大和王権を支えた有力氏族であり、大水口宿禰は宇那比姫の一世代くらい後の人物である。

もう一人、物部氏の人物と考える人がある。
2番目に記される、彌馬升である。これは三見宿禰命ではないかと考える。
彌馬升は、そのまま読めばミマショウである。だが『升』は『宿禰(すくね)』という音に、一文字の漢字を当てた可能性がある。したがってミマスクネである。一般には三見宿禰命の読みは『ミツミノスクネ』であろう。もし『見』を『ま』と読む事が可能なら、この人物は『ミマノスクネ』となろう。疑問は残るが三見宿禰命は孝安時代に、その兄六見宿禰と共に、宿禰となった人物である。邪馬台国の官であったとしても不思議はない。

これらの推定が妥当であれば、邪馬台国の筆頭高官は、倭国造(やまとのくにのみやつこ)の邇支倍(にしば)、次が神武以来、大和王権の歴代要 職にあった、物部氏の三見宿禰、3番目が邇支倍の児、飯手、4番目が三見宿禰の児、大水口宿禰である。
邪馬台国の高官は、倭氏と物部氏によって、占められていたのである。



( )内は対応する天皇名。
この推測が正しければ卑弥呼の時代とは孝安あたりの時代となる。


第4章
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人