この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第4章 『魏志倭人伝』に登場する人たち

 (4)遣使、都市牛利は由碁理
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致

第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 『魏志倭人伝』には景初二年、難升米と一緒に魏に使いした、都市牛利という人物が登場する。これは海部の由碁理(ゆごり)であろう。

「都市」と「由」は一致しないが、牛利(ぐり)と碁理(ごり)は似る。系譜上の年代と、私が卑弥呼とする宇那比姫との関係から、ほぼ間違いない。
 近年の研究で、「都市」は魏が牛利に与えた、魏の官名とする説がある。市場などを管理した役職名とする。この説が正しければ「都市」と「由」が一致しなくとも問題ない。
由碁理は、私が卑弥呼とする宇那比姫の甥である。大和王権を代表して魏に赴いた人物にふさわしい。




また魏に使いするには、海を渡る渡海の技術が必要である。
丹後には弥生中期以降の遺跡から、大量の鉄器やガラス製品が出土している。弥生時代、鉄やガラスの素材は日本列島では産出されていない。丹後の人たちは鉄やガラスの素材を求めて朝鮮半島に渡っていたと考えられる。
由碁理が支配する丹波の海部は、航海技術に長けた人たちである。その点でも由碁理は、遣使として適任者であった



第4章
(5)世代位置の一致