この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 
第4章  『魏志倭人伝』に登場する人たち

(5)世代位置の一致
はじめに

第1章 この人が卑弥呼
(1)大倭姫という大和王権の女王の名

(2)卑弥呼は日女命
(3)もう一人の大倭姫
(4)台与は開化の妃になった竹野媛
第2章 古代豪族系譜
(1)『先代旧事本紀』は偽書ではない
(2)系譜は創作ではない
(3)氏族系譜に登場する天皇名
(4)系譜編年

第3章 海部氏と尾張氏の不思議な関係
(1)『勘注系図』と尾張氏の不思議な関係
(2)丹波は尾張氏の支配地

(3)卑弥呼も台与も尾張氏
(4)卑弥呼は葛木高尾張の生まれ

第4章 『魏志倭人伝』に登場する人物
(1)邪馬台国の高官伊支馬
(2)邪馬台国の高官、彌馬獲支
(3)遣使、灘升米と伊聲耆は中臣氏の人
(4)遣使、都市牛利は由碁理
(5)世代位置の一致
第5章  尾張氏と大和王権
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛
(2)世襲足媛と宇那比姫は共に尾張氏
(3)丹波の大県主由碁理
(4)台与は卑弥呼の二世代後の同族の人


第六章へ続く
皆さんを卑弥呼の墓へご案内する。
 私は宇那比姫を卑弥呼として、由碁理(ゆごり)を都市牛利(としぐり)、天豊姫命(あまとよひめ)を台与(とよ)とした。
また邇支倍(にしば)を 伊支馬(いしま)、大水口宿禰(おおみなくち)を彌馬獲支(みまくち)、梨迹臣(なしとみ)を灘升米(なしょみ)、伊世理(いぜり)を伊聲耆(いぜり)とした。

中でも梨迹臣が灘升米、伊世理が伊聲耆であることは100%間違いないと考えている。
この二人は私が卑弥呼とする宇那比姫の一世代くらいあとの人である。卑弥呼が魏に使者を送るのは、卑弥呼の晩年である。この遣使となった灘升米や伊聲耆が卑弥呼の、一世代後の人物と云うことは極めて妥当な事である。

ここに取り上げた系譜の最初の人たちは、何れも神武時代の人たちである。そしてその人たちから数えて七世代目が、ほぼ崇神の時代である。この4つの系譜の世代数は、ほぼ同じような世代数を数える。
そして『魏志倭人伝』の登場人物とする人たちは、私が卑弥呼とする宇那比姫と同時代か、その一世代後に集中する。また卑弥呼の後に王位に就いた台与は卑弥呼の二世代後の人である。

このように『魏志倭人伝』の人物名と、系譜上の人物名の類似があり、系譜上の世代位置と整合性を持つ事は、偶然では起こりえないと考えている。






第5章
(1)五代孝昭の皇后、世襲足媛