第一章 神武東征の物語

(3) 名草戸畔との戦い

 孔舎衛坂(くさえざか)の戦いに敗れた神武軍は紀伊半島を迂回するため、南に転戦する。
その途中、脛に矢傷を受けた五瀬は、山城(やまき)港で没する。この場所を「雄の港」と名づけたとする。この場所について『日本書紀』は茅渟(ちぬ)の山城または山井港とする。
茅渟は大阪湾とされるから、これを泉南市男里とする説がある。
また『古事記』は、紀の国の雄の港とする。これを紀ノ川の河口、和歌山市小野町の水門・吹上(みなと・ふきあげ)神社あたりとする説がある。定かな事は解からない。
そこで五瀬を紀の国の竈山(かまやま)に葬ったとする。竈山は和歌山市和田竈山神社がその場所とされる。


その後『日本書紀』は名草邑(なくさむら)に着き名草戸畔という者を殺したと簡単に記す。戦いの具体的な記述は無い。
しかし和歌山市から海南市あたりにかけ、神武の東征とかかわる興味深い伝承が伝わる。
名草戸畔、すなわち名草姫にまつわる伝承である。

和歌山市から、海南市に抜ける潮見峠という小さな峠がある。峠の西側にクモ池という池があり、このあたりが神武軍との戦いの場となったとされる。
ここで名草姫は、神武軍によって殺され、頭、胴、足が切り離されたとする。
そこで名草戸畔の人は、頭を宇賀部(うかべ)神社、別名おこべさん、胴を杉尾神社、別名おはらさん。足を千種神社、別名あしがみさん。に葬ったとするのである。
もちろん記紀には見られない。数少ない滅ぼされた側の伝承である。
目次
前のページ 次のページ