第六章 王都出現

(5) 秋津遺跡の年代

 秋津遺跡を発掘調査している橿原考古学研究所は、塀で囲まれた特異な建物遺構の年代を四世紀前半とする。
その塀で囲まれた建物遺構の中からは、あまり遺物が出土していない。たぶん神社のような遺構で塀の中は清浄に保たれていたようである。
その建物遺構の北側に流路跡がある。その流路から沢山の土器片が出土した。多くは布留1式から、2式とされる。布留1,2式の年代は四世紀の前半とされる。このことからこの遺構の年代を四世紀前半とするのである。

しかし私はこの遺構の年代推定に大きな疑問を持っている。
この遺構から、多孔銅鏃とそれと同時代とされる東海系の土器片が、複数出土していることである。

多孔銅鏃の研究に詳しい人物がある。愛知県埋蔵文化センターの赤塚次郎氏である。氏によると多孔銅鏃は東海地方にその起源を持ち、二世紀中頃から三世紀前半に周辺地域に広がったとする。



次の図は氏による多孔銅鏃の編年である。
氏による年代観に従う限り、多孔銅鏃の年代は、二世紀前半から三世紀中頃の遺物である。



もちろん多孔銅鏃一点のみであれば、何らかの理由で古い時代の物がまぎれ込んだという見解も成り立とう。
しかしこの多孔銅鏃と同時代とされる、東海系の土器片も複数出土しているのである。
このような遺物が出土する遺構を四世紀前半とする見解には疑問が多い。
私はこの遺構は三世紀前半までさかのぼると考えている。



目次
前のページ 次のページ