卑弥呼の墓発見

日本古代史が書き換わる。


 これまで誰も気づかなかった、列島最大の円墳がここに存在する
下の写真は奈良県御所市玉手山の航空写真である。
『魏志倭人伝』によれば、卑弥呼は径百余歩の墓に葬られたとする。
No1とする尾根が、径百余歩すなわち、直径約150mの卑弥呼の墓である。

No2、No3も古墳である。No2は、長径160mの楕円墳でNo1と共に我が国最大規模の円墳である。


南西方向から望むNo1の尾根


No1墳丘裾で採取された土器片。


No2墳丘の盛り土の中から出土した土器片。3世紀前半の庄内式土器と推測される。

No1で採取された土器片では年代の推定は困難であるが、こちらは庄内式と判断できる。古墳の築造年代は三世紀中ごろであろう。

尾根と墳丘は一体、尾根全体を墓域とする古墳

 これまで、径百余歩すなわち直径150mの円墳は見つかっていない。
だが、ここ玉手山に、まぎれもなく直径150mに相当する尾根が存在し、その中心部に墳丘が存在する。No1の墳丘盛り土範囲を確定できないが、尾根方向で25m、尾根と直行する方向では50mくらいあると推測する。
尾根は自然の地形であるが、尾根の裾は人為的な改変が施されていると考える。墳丘が造られた時、尾根の樹木は伐り払われていたと想像する。樹木が無ければ尾根と墳丘は一体に見える。まさに径百余歩の巨大な墓である。
その事はNo3の墳丘を観察すると良く理解できる。

No3の墳丘は、一目見て、古墳と解る解りやすい古墳である。墳丘は幅45mくらいの尾根の上に築かれる。盛り土の裾は尾根の中腹まで及ぶ。盛り土の範囲は直径20mとされる。
墳丘が築かれた時には尾根の樹木はすべて伐り払われていたであろう。樹木が無ければ、尾根と墳丘は一つに見える。No1、No2も同じような構造を持つ。墳丘と尾根は一体を為す巨大古墳なのである。
No2は盛り土の範囲だけでも長径90m短径40mに及び、尾根全体を墓域とすれば、全長160mにも及ぶ国内最大の円墳である。
もう一つ私が尾根と墳丘は一体と考える根拠がある。

私は航空写真によってそれまで知られていなかった古墳を発見した。そのきっかけは尾根の形である。決して航空写真で墳丘の存在を確認できていたわけではない。尾根の形から古墳の存在を探り得たということは、尾根の形状と墳丘とは密接な関係にあることを物語る。

現在宮内庁が孝安陵とする場所に円墳が存在するが、その大きさは直径13m程度である。それに比べNo2は、はるかに大きい。墳丘の盛り土の中から出土した庄内式土器の年代から、築造時期は孝安の没年頃として問題ない。私はこちらが本当の孝安陵と考える。





男弟は六代孝安天皇

 私は、国宝となる『勘注系図』に、宇那比姫命という女性を見た。この女性は大倭姫命(おおやまとひめのみこと)、天造日女命(あまつくるひめみこと)という別名を持つ。この別名から、この人が卑弥呼であると確信した。
また、和邇氏の系図に宇那比姫命の名前を見た。和邇氏系図によって、宇那比姫命は天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひとのみこと)の妻である事を知 る。天足彦国押人命は五代孝昭の子供とされる人物で、その弟が倭足彦国押人命(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)すなわち六代孝安である。したがっ て孝安は宇那比姫命の義理の弟である。孝安は『魏志倭人伝』に記される「男弟有りて佐(たすけ)て国を治」とする男弟であるという結論に至った。


孝安の宮は室秋津島宮とされる。孝安が国を治めるのを佐(たす)けた男弟なら、秋津嶋宮こそ卑弥呼の宮でもある。そこで秋津嶋宮を探索することにした。だが宮は地中に埋もれ容易には発見できないであろう。そこで径百余歩とされる卑弥呼の墓を探す事にした。
径百余歩すなわち150mの大きさであれば、たとえ長い年月の間に、大きく姿を変えていたとしても、何らかの形で目に見える姿で存在すると考えた。早速御 所市を訪ね、秋津島宮の伝承地、室(むろ)近辺の古墳を探して歩き回った。だが近辺に全長230mの宮山古墳などは存在するが、直径150mの円墳を見つ けることは出来なかった。
そこでネット上の航空写真を使い近辺を探索した。

孝安が葬られた山に存在する径百余歩の円墳

 航空写真で、玉手山に円形や楕円の尾根を発見した。
そこは古墳であろうと考え、現地踏査を試みた。その結果No1、No2、No3の何れにも墳丘の存在を確認した。
後になって知ることになるが、それまで奈良県の遺跡地図で古墳とされていたのはNo3のみである。航空写真によって未知の古墳を発見できたのである。
『記紀』によれば玉手山は孝安が葬られたとする山である。その山に径百余歩に相当する古墳を見たのである。卑弥呼の墓と確信するに至った。また孝安が葬られたとする玉手山に、径百余歩の円墳が存在したことによって、孝安が男弟であるという私の仮説を裏付けることとなった。

遺跡探査に航空写真が利用できる

 私は古墳の探索に航空写真が役立つことを実感した。このことにより、秋津嶋宮の探索にも航空写真が利用できるのではないかと考えた。
そこで秋津嶋宮が在ったとされる、室の近辺を航空写真で詳細に観察した。その過程で不思議な水路を見た。これが秋津嶋宮の場所を特定する手がかりとなった。
水路は後の世に大きく改変され、流れの場所は変わっていたが、その流れを利用した濠が出土した。その濠の南側に塀に囲まれた高床式建物群が出土したのである。予見は的中した。
卑弥呼の王宮が出土した

私へのコンタクトは下記のブログから
卑弥呼の王宮出土