この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第2部  卑弥呼の墓を追う

 実在する径百余歩の円墳
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて


【卑弥呼系図】
 はじめに結論を要約する。
これまで我が国には、径百余歩(百歩=144m)に相当する大きな円墳は無いとされてきた。しかしここに直径約150mの円墳が存在する。



 上に示した写真のNo1とする、円墳の直径がおおよそ150m。『魏志倭人伝』が伝える、径百余歩に近い。卑弥呼の墓であろう。


「これが径百余歩の円墳であるとしても、卑弥呼の墓となぜ断定できるのか?」と問われそうである。
そう鍵は「ダンテイ」なのである。訳のわからないことを言う前に明快に説明しろと、しかられそうである。

『魏志倭人伝』は『男弟有りて、佐(たすけ)て国を治む』とする。卑弥呼を補佐した男弟がいる。この男弟こそ六代孝安天皇である。
今日の学説では孝安などという天皇は実在しないとする。実在したか否かはひとまず置いて、話を続ける。

卑弥呼の男弟がなぜ孝安なのかを説明する。

 和邇氏という有力な豪族がある。この和邇氏系譜に、私が卑弥呼とする宇那比姫命が登場する。
和邇氏系図によると『押媛命、母は建田背命の妹、宇那比媛命也』とする。この押媛命(おしひめのみこと)は天足彦国押人命(あまたらしひこくにおしひと)の子供で、六代孝安の皇后になり七代孝霊を生んだとされる人である。
その母親を宇那比姫命とするわけであるから、宇那比姫命の夫は天足彦国押人命である。天足彦国押人命には日本足彦国押人命(やまとたらしひこくにおしひと)という弟がある。すなわち孝安である。
したがって孝安は、私が卑弥呼とする、宇那比姫命の義理の弟に当たる。この人が卑弥呼の男弟である。下記の系図に宇那比姫と孝安の関係を示す。



私が卑弥呼の墓とするその場所は、奈良県御所市玉手山である。
『記紀』伝承によれば、孝安は玉手丘上陵(たまておかのえのみささぎ)すなわち玉手山に葬られたとする。
現在宮内庁が孝安陵とするのはこの玉手山の一番北の尾根である。そして私が卑弥呼の墓とするのは、その南の尾根である。

スケールの表示の無い写真であるが、右隅下の前方後円墳は、掖上かんす塚古墳である。この長さは150mである。これと比べていただきたい。
これまで150mに相当する円墳は、日本列島には存在しないと言われていた。だがここに厳然として150mの円墳が存在する。この円墳は自然地形の尾根を利用して、尾根の両側を掘り、円形に形を整える。古い築造方法である。

その隣に長径160m短径90mくらいの楕円の墳丘がある。これが真の孝安陵ではないかと推測する。しかしこちらが卑弥呼の墓である可能性もある。最終的には発掘をしてみなければ解らない。さらにその右にも、いくつかの墳丘が確認できる。このあたり巨大墳丘が立ち並ぶ墓域である。
現在奈良県の遺跡地図ではNo3と記す尾根のみが、直径20mの円墳とされている。

ここに宇那比姫命が卑弥呼であるという私の仮説は、宇那比姫命の義理の弟が孝安であり、孝安はこの玉手丘に葬られたという『記紀』伝承と、その玉手丘に『魏志倭人伝』の伝える径百余歩の墳丘が存在したという事実から、仮説の正しさが証明されるのである。


第6章
(1)幻の和邇氏系図


第1部 この人が卑弥呼