この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第6章 驚きの和邇氏系図

(1)幻の和邇氏系図
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 和邇(わに)氏という古代有力豪族がある。和爾、和珥、丸、丸邇などとも表記される。
五代孝昭の皇子、天足彦国押人(あまたらしひこくにおしひと)を祖とする。

太田亮(おおたりょう・1884〜1956)とい系譜研究者が著した、『日本姓氏家系大辞典』という事典がある。
その中の和邇部氏系図にとんでもない人物が登場する。
私が卑弥呼とする宇那比媛(うなびひめ)である。『押媛命(一に忍鹿比売命、母は建田背命の妹、宇那比媛命也)』とするのである。
宇那比媛を建田背命の妹とするから、尾張氏系図に登場する宇那比姫で間違いない。尾張氏や同族の海部氏とはまったく異なる和邇氏系図に、宇那比姫命が登場しているのである。

太田亮はこの系図の冒頭で、『駿河浅間大社(するがせんげんたいしゃ)の大宮司家は和爾部姓にして系図を傳ふ。』とする。
そこでこの系譜に関心を持った古代史研究者の田中卓博士が、原本を求めて浅間大社を訪れ、この系図を探した。だが似た系図は在ったが、これほど詳しい系図ではなかったとする。太田亮がこの系図の出典を何によったのか不明であるとした。
ところが、系譜研究者の宝賀寿男氏は、大久保春野(おおくぼはるの)の系譜に、この系譜を見たとする。

大久保春野は明治の軍人で、新華族に加わった人物である。華族に列せられた際、提出されたと思われる系譜が、宮内庁書陵部にあるとする。
また明治時代の系譜研究者、中田憲信(なかたのりのぶ)が編纂した『各家系譜』に、大久保春野の系譜を見る。中田憲信の『各家系譜』13冊は、マイクロフィルムに収録され国会図書館に収蔵される。その第4冊に「大久保家」として収録されている。

第6章
(2)和邇氏系図は偽作ではない

第1部 この人が卑弥呼