この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史

邪馬台国出現
第6章  驚きの和邇氏系図

(3)他の系譜と整合性を持つ。
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 偽作でないとする二つめの理由である。
和邇氏系譜は下の系図に示すように、尾張氏系譜と密接に関係する。
他の系譜と関係を持たせ、偽の系図を創作するには、関係する氏族に関する完璧な知識がなければ不可能である。しかもそのつながりは、この二つの系譜のみにとどまらない。古代氏族の膨大な系譜ともつながっている。したがって、他の氏族系図と整合性を持たせた偽系図を創作することは不可能に近い。



ただし尾張氏系図には、天忍男(あめのおしお)という人物が親子二世代にわたって登場する。
建田背の妹宇那比姫が天足彦国押人(あまたらしひこくにおしひと)と同世代であることを理由に、世襲足媛の父親は二世代目の天忍男として作図している。それでなければ和邇氏系譜と尾張氏系譜の間で整合性がとれないからである。

第6章
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃

第1部 この人が卑弥呼