この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第7章  卑弥呼の墓を追う

(2) 孝安陵のとなりの尾根
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根

(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 下の航空写真をみていただきたい。場所は御所市玉手山である。宮内庁が管理する孝安陵がある山である。





説明にあたって尾根に番号を付ける。現在宮内庁が孝安陵とする場所の隣からNo1、No2、No3、No4とする。

No1は直径約150mの円形、No2は長径約160mの楕円、No3は長径80mの楕円形を成す。
25000分の1の地形図ではNo1、No3は、自然地形としか見えないが、No2は中央部に明らかな盛り上がりを確認できる。


奈良県の遺跡地図ではNo3のみを20mの円墳とする。他は古墳とは認識されていない。
私は現地踏査によりNo1やNo2の尾根の中心部に明らかな土壇や盛り土を確認した。したがってこれらは単なる自然の尾根ではなく、墳丘すなわち墓であると確信する。

No4については墳頂の土壇が明確でないが、墳丘である可能性は高い。またNo5にも墳丘が存在する。現在宮内庁が孝安陵とする尾根にも円墳が存在するとされる。このあたり巨大円墳が立ち並ぶ墓域である。

下段にNo1、No2、No3あたりの2500分の1の地形図を示す。



第7章
(3)径百余歩の円墳