この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第7章  卑弥呼の墓を追う

(4) 150m円墳の概要
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 私がNo1とする尾根は玉手山から南西に張り出す尾根である。下の航空写真に見るようにほぼ円形に見える。直径は約150m弱。高さは等高線からの推定で、平野部との比高差30m強。

山側と円丘部分は完全に切り離されることなく、尾根は円丘部への通路として機能する。尾根は円丘部と接する辺りで狭い尾根となってくびれる。
円丘部に向かって緩やかに下っる尾根は、墳丘の取り付き部で1.5m程度かけ上がる。この墳丘への取り付き部を基準にした墳丘の直径が約18m前後である。
地元では「きつね塚」と呼ばれ、墓として認識されていたようである。



もしこの尾根に樹木が無かったら、まさに径百余歩の円墳に見える。
尾根の裾は整った弧を描き、谷筋が山頂に向かって扇状に広がる。私は尾根全体に人為的な手が入っていると考える。したがって尾根全体を墓域と考えている。

緑の線で示した部分は元の尾根の想像図。茶色の線が墳丘の形状を示す。ただし測量などにもとづく作図ではないので、実際とは大きく異なる可能性がある。

地中レーダー探査をもとに試掘調査を行った。その結果、墳丘の中心から2〜3m尾根の先端寄りで、鉄鏃30本前後、鉄刀1本、鉾の石突1個を出土した。また鉄鏃の出土地点には朱がまかれていた。
鉄鏃の推定年代は五世紀末頃とするものである。もちろん卑弥呼が没したとされる三世紀中頃の遺物ではない。


地中レーダーが捕らえた異常反射波
出土した鉄鏃



試掘したのは墳丘の中心部ではない。中心部には中心埋葬部があると考えている。ただし地中レーダー探査では、中心あたりでは何か在りそうな反射波を検知する事は出来なかった。
また墳丘の中心付近、やや南側に、誰かによって掘られた窪地がある。深さ2.5m程掘ったが、何も出土しなかったという話を聞いた。

なお私が掘った時点では、遺跡として認知されていなかった。
出土遺物を発見後、即刻県の文化財保護課に連絡を取り、後の調査は地元教育委員会に移管した。今後は遺跡として認定され、埋蔵文化財の保護対象となる。教育委員会の許可なくして掘る事はできない。
法的に保全対象になった事を喜んでいる。

警告
何れも古墳として文化財保護法の対象となっている。掘れば犯罪行為である。
2016年になってこの古墳をはじめ、玉手山の古墳を荒らしているふとどき者が居る。御所市派出所にその旨を伝えてある。スコップなどを持って玉手山に立ち入ると御所市派出所に通報されます。

第7章
(5)卑弥呼の墓とする理由

第1部 この人が卑弥呼