この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第7章  卑弥呼の墓を追う

(5) 卑弥呼の墓とする理由
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
  私はこのNo1とする径百余歩に相当する円墳を卑弥呼の墓と考えている。
理由は次の3つである。

第一は、見解は分かれるが、私は尾根全体に人為的な手が加えられていると考える。樹木がなければまさに径百余歩の円墳である。これまで我が国には径百余歩に相当する円墳は、存在しないとされてきた。径百余歩に相当する円墳は、ここ以外にないと考える。

第二は、この円墳が玉手山という場所に在ることである。私が卑弥呼の男弟とする孝安はこの玉手山に葬られたとする。卑弥呼もまたここ玉手山に葬られたとしても不思議はない。

第三は、山側から墳丘に至る尾根の形状に、前方後円墳の成り立ちを見る。その点で定型化する箸墓古墳より古く、三世紀半ばまでさかのぼると考える。同時代の墳丘としては我が国最大規模で、倭国の女王の墓にふさわしい。

ただしNo2の楕円の墳丘も、ほぼ径百余歩の大きさであり、これが卑弥呼の墓という可能性もある。








第7章
(6)卑弥呼の墓写真

第1部 この人が卑弥呼