この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第7章  卑弥呼の墓を追う

(7) 孝安陵の候補
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補
(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 私は本当の孝安陵は、玉手山の山塊の中心部に近い所にあるのではないかと予想している。
その候補の一つがNo2とする尾根である。


下記に地形図を示す。NO2とする尾根は160×90の楕円丘陵の上に90×40程度の盛り上がりを確認できる。さらにその上に長さ8m幅5m高さ0.6m程度の土壇らしき場所を確認した。



その場所の地中レーダー探査を実施した。


レーダーは地下1.1m近辺に異常反射波を捕らえていた。しかし、試掘をしてみると、それは地盤とも言うべき岩塊であった。したがってこれより下に遺構は存在しない。
そこで更に広い範囲で試掘を試みることにした。そこから下記のような土器片を発掘した。もはやこの尾根が古墳であることは確実となった。





ただしこの尾根の墳丘は何らかの理由により削平されているのではないかと考える。
尾根の先端側に存在する高さ0.6mくらいの高まりは、その墳丘の一部と思われるが、中心部ではなく、墳丘の端が残っていると推測する。
出土した土器片から、その年代が相当古くまで遡る可能性は実証できたと考える。


また土器片が出土したことによりここが古墳であることが確定した。したがってここは文化財保護法の対象となり、以降発掘の許可は下りない。

警告
2016年になってこの玉手山の墳丘のあちこちを掘り返している人物がある。犯罪行為である。
スコップなどを持って玉手山に入ると、御所派出所に通報されます。

第7章
(9)前方後円墳の原型


第1部 この人が卑弥呼