この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第7章  卑弥呼の墓を追う

(8) 前方後円墳の原型
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 前方後円墳は世界に類を見ない特徴的な形をしている。その形状の発生についてこれまで様々な仮説が提示されてきた。私の仮説を提示したい。

No1は直径約150mの円墳である。
大変興味深いのは、尾根の両側を掘り墳丘を削り出しているが、その際、山側と墳頂は完全に切り離すことなく、尾根は墳頂に至る通路として残すことである。尾根と墳丘との接続部に狭いくびれ部を作る。No2も同様な造りである。

私はこの墳丘に至る尾根こそが、後の前方後円墳の前方部分と考えている。定型化する前方後円墳の前方部分は、後円部に向かって低くなる。これは山側から山裾に向かって低くなる尾根の自然地形から派生した形である。

最初私は前方部は、後円部に至る通路と考えた。しかし通路なら、(A)の様に下から後円部に向かって、登るのが普通であろう。だが実際の前方後円墳は(B)の様に上から下に降る。
前方部を通路と考えた場合、この点が解決できない問題点であった。だが玉手山でNo1、No2、No3の尾根を見て、その疑問が解けた。(C)の様に山頂から張り出した尾根を切断すれば、通路は墳丘に向かって降るのである。



また発生期の前方後円墳の、方形部分がバチ形に開くのは、尾根の両側を掘り取った際に生まれる必然的な形で、この形状の残存と考える。

箸墓など墳丘が平地部に造られるようになると、円墳に取り付く尾根の山側が切り離され、これが前方部となる。
いわゆる「丘尾切断」という築造方法である。したがってこれらの墳丘は、前方後円墳の祖形と考える。


第8章
(1)秋津島宮の場所
第1部 この人が卑弥呼