この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第3部 王宮を守れ  

(3)予言ははずれた
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 当初私は、秋津島宮の場所を、下の地図のBで示した辺りと推定した。
しかし後に、発掘調査で出土したのは、四世紀代前半の遺構であった。卑弥呼の王宮であれば三世紀前半である。私の推測は大きくはずれる事となった。
【この時点ではこの遺構の年代を橿考研の発表通り四世紀前半の遺構と信じたため「私の推測は大きく外れた」とする。だが後に報告書や出土遺物の検討から私の予想が間違いではなかったことを確信する(2015年11月追記)】
下の航空写真で、うっすらと緑の帯状の線が見える。京奈和自動車道の予定地である。この航空写真を見て、これは大変なことになると考えた。
私が秋津島宮と推測する場所を、京奈和自動車道が縦貫する、そう考えたわけである。

当然工事に当たっては、遺跡等の有無を確認する、事前調査が行われる。
だが仮に、ここから三世紀前半の大型建物遺構が出土したとしても、ここを秋津島宮などと言い出す人はいない。ましてや卑弥呼の王宮などと云う、私の仮説を信じる人もない。
豪族居館跡ということで埋め戻され、自動車道の橋脚によって破壊されるであろうと。
危機感を持った私は、ここが秋津島宮であり、卑弥呼の王宮であることを立証する為に、玉手山の尾根を掘ったのである。
しかしながら、私が卑弥呼の墓と考えた場所からは、五世紀末の遺物しか出土しなかった。卑弥呼の墓であることの立証に失敗した。



しかもBの地点から出土したのは、四世紀代の神社遺構であった。ここに至り、私の仮説は大きく揺らぐことと成った。
【橿考研はこの遺構を大和王権によって営まれた祭祀遺跡と考えるが、祭祀遺跡などではない。間違いなく秋津嶋宮であり卑弥呼の王宮なのである。(2015年11月に追記)】

2013年初春追記
このページを書いた時点で「予言は、はずれ」たとした。
だがその後、明らかになった事実により、このページは書き換える必要がある。「予言は、当った」と。
私はこの時点(2010年春)では、この遺構の年代を、橿考研の発表した四世紀前半という見解をそのまま信じていた。
しかしその後、この遺跡から出土した遺物の中に、二世紀から三世紀前半に遡る遺物が存在する事を知った。
それは多孔銅鏃である。多孔銅鏃の研究に詳しい愛知県埋蔵文化センターの赤塚次郎氏によれば、多孔銅鏃の年代は二世紀中頃から三世紀前半の遺物とする。
そのような遺物の出土した遺構が四世紀前半という橿考研の推定に疑問をいだいた。
後に詳しい調査報告書を読んで見ると、橿考研の年代推定の根拠はきわめて脆弱であることが解った。この遺構は間違いなく三世紀前半まで古くなる。

詳しくは下記のブログを。
方形区画施設の年代

やはり三世紀前半の遺物は存在する



第8章 (4)とてつもない神社遺構

第1部 この人が卑弥呼