この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第3部 王宮を守れ  

(4)とてつもない塀で囲まれた高床式掘立柱建物
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 私が秋津島宮が出土する、と予想した場所から出土したのは、四世紀前半の神社遺構である。布留1式、2式の土器が出土している。したがって300年代前半の遺構である。
卑弥呼の王宮なら三世紀前半である。土器の種類で云えば、庄内式土器あたりが出土しなければならない。したがって秋津島宮の年代とは100年くらいの時間差がある。だがそこから出土した遺構は、今までに例を見ない変わった遺構である。

広い調査地から、数多くの掘立柱建物遺構などが出土した。その中に2本一組の掘立柱が取り囲む、特異な建物遺構が出土した。
方形区画とされる建物遺構は、高さ2mくらいの板塀で取り囲まれていたと推測されている。板塀と云っても、厚さ15cmの板材を掘立柱で内と外から支える構造の塀である。普通に私達が目にする、住居の塀などとは比べ物にならない、重厚な塀である。
そしてその中に、棟持柱を持った社殿をらしき建物が建つ。まさに今日、伊勢神宮などで見る神社の配置である。




建物の年代は、伊勢神宮の創建年代と同じである。神社建築の原形となるものであろう。
私はありふれた、氏神神社とは格が違うと考える。大和王権という国家権力にょって祀られた神社であろう。

下に伊勢神宮の別宮とされる、志摩市の伊雑宮(いざわのみや)の写真を挙げる。この写真に見るような塀で囲まれていたと想像する。



後にこの遺跡は秋津島遺跡と名づけられた。

【私がこのホームページを作成した、この時点ではこの遺構の年代を橿考研の発表した古墳時代前期をそのまま信じていた。そのため遺跡の性格を誤って認識した。ここは神社遺構などではなく、当初私が推測した通りの秋津嶋宮で卑弥呼の王宮でもある。(2015年11月追記)】
秋津島宮は必ず存在する

第1部 この人が卑弥呼