この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第3部 王宮を守れ  

(5)秋津島宮は必ず存在する
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉
(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 私が秋津島宮の出土を予想した場所は、秋津島宮ではなかった。しかし秋津島宮はこの近くに、必ず存在する。
【現在はここが秋津嶋宮と確信する(2015年11月追記)】

十四世紀に編纂された『帝王編年記』は、秋津島宮伝承地を「掖上池南西田中也」とする。しかし現在、掖上池と称される池は、秋津にはない。
 地元の人に興味深い話を聞いた。玉手山の孝安陵下に満願寺という立派なお寺がある。
その前は現在墓地であるが、元は池があったとの事である。そこは低い窪地である。その北側を「切れずみ」「切れ堤」という。何時の頃かこの堤が切れ、池が消失したと言うのだ。
私はこここそが掖上池ではないかと考える。青色で示した場所である。
秋津島宮はこの西南の方向にある。

現在室と呼ばれる地域はおおよそ、下の地図で黒線で囲んだ範囲である。私が秋津島宮が出土すると予想した地点は、室と池之内の堺あたりである。

【その後の発掘調査により地図上に赤丸で囲んだあたりから塀で囲まれた高床式建物が出現するのである(2015年11月追記)】


現在自動車道の事前調査が、引き続き行われている。この室の地に隣接する東側に、インターチェンジが計画されている。調査は相当広い範囲で行われるであろう。
私は何らかの秋津島宮と関係する遺物や遺構が、出土すると予想する。

2011年3月23日追記
現在も秋津遺跡の発掘調査が続けられている。広範囲に渡って遺構が出土している。


9章 古代史が書き変わる
(1)仮説は証明される

第1部 この人が卑弥呼