この人が卑弥呼
系譜で読み解く日本古代史 

邪馬台国出現
第8章  日本古代史が書き換わる

(2)邪馬台国所在地論争の終焉
第2部 卑弥呼の墓を追う
実在する径百余歩の円墳

第6章 驚愕の和邇氏系図
(1)幻の和邇氏系図
(2)和邇氏系図は偽作ではない
(3)他の系譜と整合性を持つ
(4)『記紀』より信じられる彦坐の妃
(5)卑弥呼には夫と子があった
(6)卑弥呼の男弟は六代孝安天皇
(7)和邇氏の墓から出土した卑弥呼の鉄刀

第7章 卑弥呼の墓を追う
(1)孝安の宮と墓所
(2)孝安陵のとなりの尾根
(3)径百余歩の円墳
(4)150m円墳の概要
(5)卑弥呼の墓とする理由
(6)卑弥呼の墓写真
(7)これは本当の孝安陵か?
(8)孝安陵の候補

(9)前方後円墳の原型

第8章 王宮を守れ
(1)秋津島宮の場所
(2)帝王編年記の秋津島宮伝承地
(3)予言ははずれた
(4)とてつもない神社遺構

(5)秋津島宮は必ず存在する

第9章 古代史が書き換わる
(1)仮説は証明される
(2)邪馬台国所在地論争の終焉

(3)『日本書紀』の実年代
(4)終章にかえて
 邪馬台国がどこにあったかという、長年続いた議論はここに終りを告げる。
孝安が卑弥呼の男弟ということは、もはや邪馬台国は後の大和朝廷に他ならない。邪馬台国の議論は新しい段階を迎える。

 今まで邪馬台国畿内論者の多くが、卑弥呼の王宮を三輪山の麓、纒向あたりに想定している。しかし卑弥呼の王宮は葛城室秋津嶋である。この写真で黄色い線で囲んだ範囲に、秋津島宮は存在するであろう。
この黄色い線の東外縁あたりに、京奈和自動車道のインターチェンジが建設される。発掘調査は秋津島宮の200mから300m近くまでせまる。何らかの関連する遺物が出土すると予想する。




第9章 (3)『日本書紀』の実年代


第1部 この人が卑弥呼